スワンナプーム国際空港において良いレートで両替する方法

スワンナプーム国際空港での両替スワンナプーム国際空港

 

スワンナプーム国際空港でタイバーツへの両替をするなら、空港地下1階エアポートレイルリンク駅横に並ぶ両替所で行うべきだ。両替所での現金(日本円など)による両替である。

 

スワンナプーム国際空港地下1階エアポートレイルリンク駅横のエリア
空港地下1階エアポートレイルリンク駅横のエリア。入国後のエリアにあるため、スワンナプーム国際空港をトランジット(乗り継ぎ)で利用する人も、タイへ入国しなければアクセスできない。

 

ここにある両替所なら、市場の為替レートに比べても1%程度の差で日本円からタイバーツへの両替ができる。優良両替所ならスワンナプーム国際空港の他の両替所と比べ、1万円なら800円程度お得に両替できる。10万円なら8000円になるので、両替でも軽視できないだろう。損したくなければ、優良両替所で両替すべきだ。

 

この記事ではスワンナプーム国際空港における両替で損したくない人向けに

▶ スワンナプーム国際空港にある優良両替所の営業時間と為替レート
▶ タイバーツへの両替の前に知っておくべきこと

として「両替レートの確認方法」「混んでる両替所が最もレートの良い両替所というわけではない点」「現地通貨の降ろせるカードの必要性」についてから

▶ スワンナプーム国際空港にある優良両替所が集まるエリアへの詳しい行き方

まで紹介していきたいと思う。

 

スワンナプーム国際空港にある優良両替所の営業時間と為替レート

スワンナプーム国際空港での両替

 

スワンナプーム国際空港地下1階、エアポートレイルリンク駅横エリアにはいくつかの両替所が営業している。

2020年3月現在、日本円からタイバーツへの両替で為替レート(1円あたりのタイバーツ)で

▶ ハッピーリッチ(HAPPY RICH) 0.3040バーツ
▶ スーパーリッチ1965(SuperRich 1965) 0.3045バーツ
▶ トゥエルブビクトリー(Twelve Victory) 0.3045バーツ
▶ バリュープラス(Value Plus) 0.3045バーツ
▶ カシコーン銀行(KASIKORN BANK) 0.3045バーツ

となっていた。

他にもレートの良い両替所はいくつかある。レートが表示されていない両替所ではレートを尋ねなければならないので面倒かと思う。

 

これら優良両替所の間ではレートが異なっても1万円に対して10バーツ(約33円)程度の差となっている。バンコク市内で最もレートの良い両替所と比べても1万円あたり20バーツ(約65円)から30バーツ(約100円)程度の差だ。

もちろん、為替レートは毎時間異なるので一概には言えない。ただ、数万円程度なら、スワンナプーム国際空港の優良両替所で両替してもそこまで損にはならないだろう。

 

10万円、20万円をスワンナプーム空港の優良両替所で両替すると、バンコク市内の優良両替所に比べ、200バーツ(約650円)、300バーツ(約1000円)と差が開いてしまう。この額になると、1食分ぐらいの差はでるので、バンコク市内の優良両替所でまとめて両替した方が良いかもしれない。

バンコク市内の優良両替所については下記記事を参考に。

バンコクでバーツへの両替をする人が損しないために知っておきたいこと
日本円からタイバーツへ両替をする場合、1.タイの両替所、銀行での両替、2.タイにあるATMでカードによる引き出し、3.日本の銀行、空港、ブランド品を扱う店での両替といった方法がある。もっとも手数料が安くタイバーツへの両替出来るのは優良両替所

ちなみに、市場レートはリアルタイムで変化しており、急激に円安が進んだときに両替すると、手数料分がマイナスどころかプラスになることもある。優良両替所ほど、この傾向が出やすい。逆に、急激な円高では、すぐにタイバーツへの両替をすると損してしまう。高額な両替するなら、レートが反映されるのを待った方が良いだろう。

 

優良両替所の営業時間と為替レート

営業時間、為替レートは両替所によって異なる。スワンナプーム国際空港における優良両替所の営業時間と公式為替レートが見れるサイトをまとめると下記のようになる。

営業時間公式為替レート
ハッピーリッチ(HAPPY RICH)5時から24時https://www.happyrich.co.th/
スーパーリッチ(SuperRich 1965)5時から23時https://www.superrich1965.com/home.php
トゥエルブビクトリー(Twelve Victory)6時から24時http://twelvevictory.com/
バリュープラス(Value Plus)6時から23時30分https://www.valueplusexchange.com/#/
カシコーン銀行(KASIKORN BANK)24時間(外貨両替機)https://kasikornbank.com/en/rate
(銀行レート。空港のレートとは異なることが多い。)

2020年3月現在

 

ハッピーリッチ(HAPPY RICH)
ハッピーリッチ(HAPPY RICH)

 

スーパーリッチ(SuperRich 1965)
スーパーリッチ(SuperRich 1965)

 

バリュープラス(Value Plus)
バリュープラス(Value Plus)

 

ちなみに、両替時にはID(パスポート)の提出を求められることもある。パスポートはすぐに出せる状態で両替所のブースへ並ぼう。

 

カシコン銀行の外貨両替機

カシコン銀行の外貨両替機

 

スワンナプーム国際空港エアポートレイルリンク駅横エリアでは、カシコン銀行の外貨両替機も設置されている。こちらの両替機では24時間両替が可能なので、夜中スワンナプーム国際空港へ到着する人に便利である。両替レートも優良両替所並に良いレートとなっている。

 

カシコン銀行の外貨両替機とエアポートレールリンク駅
写真左に外貨両替機が並んでいる。右奥がスワンナプーム国際空港のエアポートレールリンク駅改札。

 

外貨両替機による両替もそこまで難しくはない。

まず、画面で言語をタップする。日本語が良いなら、日本語を選択する。

カシコン銀行の外貨両替機
タイバーツへ両替したいなら左の「外貨▷バーツ」を選択する。タイバーツから他の通貨へ両替したいなら右の「バーツ▷外貨」を選択する。タイバーツから外貨への両替は日本円、米ドル、ユーロのみとなっている。

 

カシコン銀行の外貨両替機の為替レート
為替レートの確認画面が出てくる。日本円なら日本円のレートを確認し、このレートで問題なければ取引開始のボタンを選択する。

 

カシコン銀行の外貨両替機へパスポート
パスポートの写真ページを下にして、読み取り部分へ挿入する

 

カシコン銀行の外貨両替機へパスポートスキャン
パスポートがスキャンされたら確認ボタンを選択して次へ進む

 

カシコン銀行の外貨両替機
次に両替したい紙幣を入れる。一度入金すると、その通貨のまま返却できないため注意しよう。

 

カシコン銀行の外貨両替機
入金し、両替したい金額が反映されていることを確認し、払出を選択する

 

カシコン銀行の外貨両替機からタイバーツ
下から紙幣が払い出される。コインは左上から出てくるので、こちらも取り忘れないようにしよう。

 

タイバーツへの両替の前に知っておくべきこと

通貨レート
通貨レート

 

タイバーツに両替する前に知っておくべきこととしては

1.両替レートの確認方法
2.混んでる両替所が最もレートの良い両替所というわけではない
3.現地通貨の降ろせるカードの必要性

などがある。

この3つについて下記で詳しく説明する。

 

両替レートの確認方法

現金の両替する前には、必ず日本円とタイバーツの当日市場レートを確認しよう。市場レートは様々なサイトで掲載されている。グーグルの検索結果でも、タイ証券取引所のレートが採用されており、こちらでも見やすいのでおすすめである。

JPYTHB Exchange Rate
JPYTHB currency exchange rate, live quotes, historical data, intraday chart, calendar and news.

「Exchange Rate」が1円あたりのタイバーツである。

2020年3月現時点の市場レートは

1(円)=0.3080(バーツ)

である。

リアルタイムの市場レートを調べるにはインターネット環境が必要になる。スワンナプーム国際空港にはそれなりの速度が出る無料WiFiもある。SIMカードを購入していない人はこちらを利用すれば良いだろう。

バンコクの空港にある無料WiFiでインターネットに接続する方法
バンコクには「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の2つの国際空港がある。 スワンナプーム国際空港とドンムアン空港いずれも無料で使えるWiFiが飛んでいる。2020年2月現在は「Free Airport-Google ...

 

市場レートを確認したら、両替所のレートを見る。両替所の前などに表示されるボードには「BUY」と「SALE」の文字と数字が表示されている。

日本円からタイバーツへの為替レート
為替レートボード。ボードには「BUYING RATE」「SELLING RATE」の文字がある。

 

日本円からタイバーツへ両替する場合、このBUYの部分、通常は左側の数字を見る。上の画像で言うと、日本国旗とJPY(:100)の一番左側に表示された数字で、28.37が100円で交換できるバーツの額である。つまり、1万円渡せば28.37✕100で2837バーツに両替できる。日本円とタイバーツのレートでは×100の他、×10000で表記されている両替所も多い。

この額以外で手数料を引かれることはほぼ無い(あったら別の両替所にすべき)。日本円からタイバーツへの両替なら、市場レートとかけ離れていないことを確認し、この「BUYING RATE」がもっとも大きいところで両替すれば良い。

BUYING RATEの右の数字がT/C(トラベラーズチェック)のレートになる。SELLING RATEが1円を交換する際に必要なバーツの額である。つまり、3089バーツ渡せば1万円と交換できる。

 

基本的に日本円からタイバーツへの両替が多いかと思うので、BUYING RATEが高い店ほどレートが良いと覚えておけば良いだろう。

※ BUYING RATEが高い=両替レートが良い

SELLING RATEについては、低ければ低いほど、少ないタイバーツで日本円に交換できるためお得になる。

ちなみに、BUYING RATEとSELLING RATEの差が小さい両替所ほど、取ってる手数料は少なくなる。

 

スワンナプーム国際空港の優良両替所でも、市場レートと1%以上かけ離れている場合はレートが急激に変化した時かと思う。時間に余裕があり、少しでも損したくないなら、レートが反映されるまで待とう。

また、両替は紙幣にしか対応していないのが普通だ。500円玉以下の硬貨は両替に使えない。したがって、日本円での両替は1000円札以上を出さなければならない。

 

混んでる両替所が最もレートの良い両替所というわけではない

レートが同じなら、どこの両替所で変えても違いはない。しかし、一部の店に観光客が集中して並んでいるのを度々見かける。

 

スワンナプーム国際空港での両替
スーパーリッチ(SuperRich 1965)に並ぶ旅行客。周辺の両替所とレートが同じにもかかわらず、旅行客がスーパーリッチへ集中していた。

 

人間の心理として、ついつい行列が出来ている両替所が最もオトクなように感じてしまう。しかし、レートが同じなら、当然手数料も変わらない。空いてる店を利用すれば待ち時間なく、両替もできる。

 

現地通貨の降ろせるカードの必要性

海外のATM

 

日本で発行したクレジットカードでも、VISAやMasterCard、JCBといったブランドならタイ現地ATMでキャッシング機能が利用できる。つまり、キャッシング枠のあるクレジットカードを持ってるだけでタイバーツの引き出しができる。もちろん、スワンナプーム空港のATMでもクレジットカードのキャッシングによるタイバーツ引き出しができる。

こうしたキャッシングにはATM手数料および金利(利息)といった手数料がかかってくる。また、引き出したタイバーツの請求は日本円でなされるため為替レートも無視できない。

タイにおけるクレジットカードキャッシングの手数料、為替レートについて詳しくは下記記事を参考に。

タイにおけるクレジットカードのキャッシング手数料と為替レートについて紹介します
タイにおける両替は現金(日本円)を持参し、レートの良い優良両替所で行うのがもっともおすすめである。なぜなら、手数料が安い(両替レートが良い)からだ。ただ、現金の持ち運びを不安に感じたり、現金を失くしたり、不足したときの手段として、ク...

 

優良両替所に比べて0.5~5%多く手数料が取られると考えた方が良いだろう。手数料の点では現金を両替するよりも高くなる。

しかし、現地通貨の降ろせるカードはタイ旅行時には持参すべきである。なぜなら、カードからキャッシュを得る方法は現金を盗難・紛失したり、手持ちの資金が不足した場合に役に立つからだ。海外旅行においては現金以外の両替、決済手段を用意しておくのは必須といえる。クレジットカードの審査に通らない人はクレジットカード以外の両替、決済手段を用意しておこう。

現金、クレジットカード以外の両替、決済手段および現金を紛失、盗難された際の対処法については下記記事を参考に。

海外でお金を紛失、盗難された際になすべきこと - 踊るバイエイターの敗者復活戦
海外で現金の紛失、盗難に気づいたら、まず何をすれば良いか? ・携行品損害保険に入っていて、高価な物も現金と一緒に盗難、紛失した ・パスポートも現金と一緒に盗難、紛失した いずれかに当てはまる場合は現地警察署の発行した紛失届出を立証する書類または消防署等の発行した罹災証明書などを入手した方が良い。 携行品損害保険の適用、...

 

スワンナプーム国際空港にある優良両替所が集まるエリアへの詳しい行き方

スワンナプーム国際空港へ到着し、入国審査を終えると荷物の受け取りフロアに出る。荷物の受け取りフロアから荷物チェックを抜けると到着ロビーへ出る。この到着ロビーはスワンナプーム国際空港の2階になる。

 

スワンナプーム国際空港2階到着ロビー
2階到着ロビー、SIMカードを販売するブースや旅行代理店など様々なブースが並ぶ。1階下にはタクシー乗り場などがある1階。ちなみに、2階到着ロビーはセキュリティ上、一部エリアで逆走出来なくなっている。

 

空港へ着いてから到着ロビーへ出る間にも、いくつかの両替所がある。しかし、いずれも手数料は8%程度高くなっている。高レートでタイバーツへの両替をしたい人は地下1階のエアポートレイルリンク駅近くの両替所で両替するようにしよう。到着ロビーに出てから下へ降り、地下1階のエアポートレイルリンク駅横のエリアに、手数料が1%程度の優良両替所がいくつかある。以前は2店舗だったが、最近は数が増えている。

 

到着ロビーから地下1階のエアポートレイルリンク駅へ向かう場合一番最初に目に入るのは緑のカシコーン銀行(KASIKORN BANK)かと思う。

スワンナプーム国際空港のカシコーン銀行(KASIKORN BANK)

カシコーン銀行(KASIKORN BANK)の為替レート一覧
カシコーン銀行(KASIKORN BANK)の為替レート一覧

 

カシコン銀行の外貨両替機とエアポートレールリンク駅
地下1階エアポートレイルリンク駅前のフロア。インフォメーションカウンターを正面に見て左側、写真左奥に優良両替所が並んでいる。右奥がスワンナプーム国際空港のエアポートレールリンク駅。エアポートレールリンク改札内には入らないようにしよう。

 

スワンナプーム国際空港地下1階
両替所の他にも旅行代理店やレンタルWiFi、コインロッカーなどが営業している。

 

スワンナプームで両替した後、バンコク市内へコストパフォーマンスの良い方法でアクセスしたい人は下記記事も必読である。

スワンナプーム空港からバンコク市内へのおすすめ移動方法としてタクシー、電車を中心に紹介します
スワンナプーム国際空港からバンコク市内の中心部までは20km程度の距離がある。スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ出る方法として多くの旅行者は 1.タクシー 2.エアポートレールリンク のどちらかを利用している。この2つが...
タイトルとURLをコピーしました