カオサン通りへの行き方としておすすめの移動手段を紹介します

カオサン通りに停車しているトゥクトゥクバンコクの観光

 

バックパッカーの聖地として有名な「カオサン通り」は、バンコク中心部を通るBTS(バンコク スカイトレイン)やMRT(地下鉄)駅から離れた位置にある。それでもBTSやMRTの最寄り駅からカオサン通りまで徒歩で向かうという人のために場所の説明すると、最寄り駅はMRTサムヨート(Sam Yot)駅になる。

サムヨートからカオサン通りまでの最短ルートは北へ1.9km、徒歩23分の距離になる。

 


サムヨート駅からカオサン通りまでのルート。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。

 

サムヨート駅からカオサンまで歩けない距離ではない。しかし、バンコクは年中日本で言う夏の気候になる。この暑さの中、徒歩で荷物を運びながら歩くのはしんどいだろう。また、BTSやMRTの利用は必ずしも料金的に安いわけではない。出発場所によってはチャオプラヤーボート(水上バス)やバスによる移動の方がトータルの料金的にも安くなる。

 

この記事ではカオサンへのアクセス方法として比較的「安い」

▶ チャオプラヤーボート(水上バス)
▶ バス

を使った移動手段を詳しく紹介するとともに、安さよりも「楽に」行く手段を優先する人に向け

▶ タクシー、トゥクトゥク、グラブ(Grab)

の賢い利用方法についても述べていきたいと思う。

 

スワンナプーム国際空港やドンムアン空港といった出発場所からカオサンへの移動手段をまとめて知りたい人は下記記事を参考に。

スワンナプーム国際空港からカオサン通りへおすすめの行き方はバスとタクシー
スワンナプーム空港からカオサン通りへの移動手段として、コストパフォーマンスで見れば1.S1バスがもっとも良い。ただ、S1バスの最終便が20時になるため、それ以降のバス移動なら「リモバス」、費用を10円単位で節約したいなら「ローカル路線バス」
ドンムアン空港からカオサン通りへアクセスするのにおすすめの行き方はバスとタクシー
1人もしくは数人で、ドンムアン空港からカオサンへなるべく安く行きたい場合は1.エアポートバスがおすすめである。エアポートバスは高速道路を使うので到着するまでの時間も早い。値段も他の移動手段に比べ安く、わずか50バーツ(約160円)である。ド

 

チャオプラヤーボート(水上バス)によるカオサン通りへの行き方

暁の寺(ワット・アルン)
チャオプラヤー川の水上バスから見た暁の寺(ワット・アルン)

 

バンコク市内からカオサンへアクセスするルートとして、

1.BTSサパーンタクシン駅近くのCentral PIER(Sathorn)
2.MRTサナームチャイ駅近くのRajini(N7)

からチャオプラヤーボート(水上バス)で向かう手段がある。チャオプラヤーボートにおけるカオサン通りの最寄り駅はPhra Arthit(N13)になる。

チャオプラヤーボートはチャオプラヤー川で運航している水上バスである。景色も良いため観光客にも人気の移動手段である。BTSサパーンタクシン駅近くのCentral PIERからカオサン最寄りのPhra Arthit(N13)まではボートで25~40分。Phra Arthit(N13)からカオサン通りまでは徒歩10分程度になる。

 

下記ではチャオプラヤーボートの利用方法、BTSサパーンタクシン駅からカオサン通りへの移動方法について詳しく紹介していきたいと思う。

 

チャオプラヤーボートの運行ルートと時刻表、料金、運行頻度

チャオプラヤーボートは通勤通学用の時間帯に特別運行する種類があったりと少々わかりにくい。まず覚えておくべきことは、

・カオサン通りまで行きたいならプラ アーティット(Phra Arthit)(N13)の駅で下船する

・プラ アーティット(N13)に停まる「チャオプラヤーエクスプレスボート(オレンジの旗)」、「チャオプラヤーツーリストボート(ブルーの旗)」に乗船する

・料金は15バーツもしくは40バーツ

以上の3点である。

BTSサパーンタクシン駅近くCENTRAL PIER(Sathorn:サトゥーン)駅からN13までは船の揚げている旗の色で料金は変わる。乗船時も旗の色で判断するようにしよう。色が合っていれば時間の指定は無いので、何時の船に乗り込んで問題ない。

カオサン通りに行く場合はN13を通るオレンジもしくはブルーの旗の船が料金的にもおすすめである。片道を移動するだけなら、オレンジの方にすべきだ。なぜなら、オレンジのチャオプラヤーエクスプレスボートの方が料金が安いだけでなく、運行頻度が多いため、待ち時間も少ないからである。

 

チャオプラヤーエクスプレスボート
オレンジの旗があるチャオプラヤーエクスプレスボート。6時~19時まで、5分から20分の頻度で運行している。料金は15バーツ(約50円)。

 

チャオプラヤーツーリストボート
ブルーの旗があるチャオプラヤーツーリストボート。9時~20時30分まで30分ごとに運行している。料金は40バーツ(約130円)。ツーリストボートにはガイドが付いており、乗船中ガイドが英語で川沿いの観光スポットを紹介してくれる。また、N13のPhra Arthitまで停留する埠頭が少ないため、着くのも若干速い。

 

チャオプラヤーエクスプレスボートおよびチャオプラヤーツーリストボートの運行ルート、時刻表、料金、運行頻度をまとめると下記のようになる。

チャオプラヤーエクスプレスボートチャオプラヤーツーリストボート
カラーオレンジブルー
運行ルートS3ーCENTRAL PIERーN30CENTRAL PIERーN13
料金15バーツ40バーツ
運行時間6時~19時まで9時~20時30分まで
運行頻度10分から20分ごと30分ごと

2020年3月現在。料金は一度乗車するごとに、距離に関係なく取られる。ただ、チャオプラヤーツーリストボートには200バーツの1日乗船券がある。チャオプラヤー川沿いを1日に頻繁に乗り降りするならこちらを利用してもよいだろう。

 

CENTRAL PIERがBTSサパーンタクシン駅近くの埠頭になる。その名の通り水上バスの中心駅(埠頭)になる。CENTRAL PIERから北方面のボートに乗船すると、次の駅がN1でN2、N3と数字が増えていく。N13がカオサン通りの最寄り駅になる。逆方向だとNの数字が減って行き、CENTRAL PIERよりも1つ南がS1、次にS2、S3となる。

 

チャオプラヤーボート中心部の埠頭マップ
チャオプラヤーボート中心部の埠頭マップ。南へはS1からS3まで、北はN1からN33まで駅がある。

 

下記ではBTSサパーンタクシン駅からカオサン通りへのチャオプラヤーボート、徒歩での行き方を紹介していく。

 

BTSサパーンタクシン駅からカオサン通りまで行く方法

CENTRAL PIERの水上バス乗り場はBTSサパーンタクシン駅の2番出口を出た場所にある。

サパーンタクシン駅2番出口
サパーンタクシン駅2番出口

 

チャオプラヤー・ボート「サトゥーン駅」

チャオプラヤーボート「CENTRAL PIER(サトゥーン)駅」
サパーンタクシン駅2番出口の階段を降りて川沿いへ向かう

 

チャオプラヤーボート「CENTRAL PIER(サトゥーン)駅」
チャオプラヤーボート「CENTRAL PIER(サトゥーン)駅」

 

上でも紹介したように、カオサン通りに行く場合はN13へ向かうオレンジもしくはブルーの旗の船が料金的にもおすすめである。片道を移動するだけなら、運行頻度も多いオレンジのチャオプラヤーエクスプレスボートにすべきだ。

ただ、CENTRAL PIER(サトゥーン)駅ではブルーのツーリストボートだけでなく、その他旅行会社が運営しているボートの勧誘がたくさんいる。

 

チャオプラヤーボート「CENTRAL PIER(サトゥーン)駅」
CENTRAL PIER入口近くで勧誘するスタッフ。こちらはガイドが付いたり、観光スポットを回ったりするため、料金的に高いプランになる。旅行会社が運営しているボートでも、チャオプラヤー川を観光しながら回りたい場合などはそちらを利用すれば良いと思う。

 

チャオプラヤーボート「CENTRAL PIER(サトゥーン)駅」
チャオプラヤーエクスプレスボートもしくはチャオプラヤーツーリストボートに乗船するなら、旅行会社の勧誘をすり抜けて、奥へと入っていく

 

突き当りにはチャオプラヤーツーリストボート(ブルー)のチケット売り場がある。

チャオプラヤーツーリストボートの販売ブース
チャオプラヤーツーリストボートのチケット売り場

 

15バーツのチャオプラヤーエクスプレスボートのチケット売り場はツーリストボートのチケット売り場より少し手前にある。EXPRESS(エクスプレス)の文字、カラーで判断しよう。

チャオプラヤーエクスプレスボートの販売ブース

チャオプラヤーエクスプレスボートのチケット売り場
チャオプラヤーエクスプレスボートのチケット売り場。「CHAO PHRAYA EXPRESS BOAT」「ORANGE FLAG」「15(バーツ)」の文字が目印になる。

チケットを購入したら、カラーごとの乗り場前で待機する。

 

チャオプラヤーボートを待つ人々
チャオプラヤーエクスプレスボートを待つ人々。チャオプラヤーエクスプレスボートは5分~20分の頻度で運行している。チャオプラヤーツーリストボートは30分の頻度である。

いずれもCENTRAL PIERからN13まで所要時間は30分程度である。

 

チャオプラヤーツーリストボート(chao phraya tourist boat)
チャオプラヤーツーリストボート。座席数が多く、ゆっくり景色を眺めながら移動できる。

 

ちなみに、チャオプラヤーエクスプレスボートおよびチャオプラヤーツーリストボートの座席下にはビート板と呼ばれ、水中で浮力が得られる板状の水泳用具がある。沈没の恐れがある場合、ビート板を持って船から退避するようにしよう。

 

N13プラアーティット(Phra Arthit)
N13 Phra Arthit(プラアーティット)

 

N13 Phra Arthit(プラアーティット)からカオサン通りまでの行き方

N13プラアーティット(Phra Arthit)

N13 Phra Arthit(プラアーティット)に着いたら、小さなお店が並ぶ通路を通って、真っ直ぐ進む。

 

チャオプラヤーボートの埠頭からカオサン通りまでのルートをGoogle Maps上に示すと下記のようになる。


右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。

 

N13 Phra Arthit(プラアーティット)からカオサン通り

N13 Phra Arthit(プラアーティット)からカオサン通り

N13 Phra Arthit(プラアーティット)からカオサン通り
埠頭から大通りに出たら、右方向へ向う。道路を渡り、写真で緑色のカシコンバンク方面へ歩く。

 

チャナソンクラーム通り(Soi Chana Songkhram)入口
大通りを渡り、通りの左側をしばらく進むとセブンイレブンが見えて来る。セブンイレブン前の「Soi Chana Songkhram」の看板を左へと入っていく。

 

チャナソンクラーム通り(Soi Chana Songkhram)
チャナソンクラーム通り(Soi Chana Songkhram)

 

カオサン・ソイ・ランブットリー(Soi Ram Buttri)
チャナソンクラーム通りを進み、屋台や露店の多い通り「ソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)」に突き当たったら左へ進む。

 

ソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)

ソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)
ソイ ランブットリーのコーナーもそのまま道沿いに右へ進む。屋台にレストラン、お土産からマッサージ店も多く、このエリアもカオサンと呼んでいいだろう。

 

ソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)
コーナーを右に曲がっても真っ直ぐ進む

 

ソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)のトゥクトゥク
ソイ ランブットリーと「チャクラポーン通り(Chakrabongse Road)」が交わるポイント。多数のトゥクトゥクが待機している。

チャクラポーン通りへ入ったら右へと進む。

 

チャクラポーン通り

ワット チャナソンクラーム(Wat Chana Songkhram
ワット チャナソンクラーム(Wat Chana Songkhram)

 

チャクラポーン通りを少し歩くとワット チャナソンクラームがある。ワット チャナソンクラーム。タイ語ではワット「寺院」、チャナ「勝つ」、ソンクラーム「戦闘」という意味。「戦いに勝つ寺」として演技が良く、地元タイ人が縁起担ぎで良く訪れる寺院(ワット)である。

 

ワット チャナソンクラームを右手に大通りを更に進むとすぐにカオサン通りが見えて来る。

チャクラポーン通り側のカオサン通り入口
チャクラポーン通り側のカオサン通り入口。

 

カオサン通り
カオサン通り

 

Phra Arthit埠頭からカオサン通りまでは900m、歩いて10分程度の距離になる。

 

カオサンからバンコク市内に出る際にも、チャオプラヤーボートを使ってBTSサパーンタクシン駅へ行くのがわかり易く、費用も抑えられる。

N13 Phra Arthit埠頭にあるチケット売り場
N13 Phra Arthit(プラアーティット)にあるチケット売り場

 

N13 Phra ArthitからBTSサパーンタクシン駅までの料金は行きと同じで、オレンジのチャオプラヤーエクスプレスボートが15バーツ、ブルーのチャオプラヤーツーリストボートで40バーツになる。

 

CENTRAL PIER(サトゥーン)はBTSサパーンタクシン駅に接続し、N7のRajiniではMRTサナームチャイ駅に接続している。

N7のRajini
N7のRajini埠頭

 

N7のRajini
MRTの看板を頼りに構内を進む

 

MRTサナームチャイ駅の5番出口(Exit 5)
MRTサナームチャイ駅の5番出口(Exit 5)。チャオプラヤーボートの埠頭からは一番近い入口になっている。

 

サナームチャイ駅はファランポーン駅や繁華街のあるシーロム、スクンビットへのアクセスも良い。行き先によってはCENTRAL PIER(サトゥーン)よりも便利だろう。

 

バスによるカオサン通りへの行き方

A3エアポートバスのプラトゥーナムバス停で乗る乗客

 

カオサンへ行くエクスプレス(急行)バスとしては

1.ドンムアン空港発の「A4エアポートバス」
2.スワンナプーム国際空港発の「S1バス」

がある。これら空港発バスは高速道路を通り、停車場所も少なく、ほぼ直通でカオサンまで向かってくれる。時間的にも早く行ける。料金もタクシーはもちろん、出発場所によってはBTSもしくはMRTからチャオプラヤーボートへの乗り継ぎで向かうより安い。バンコクの空港からカオサンへ行くなら、もっともおすすめの移動手段である。

バンコク市内では便利なエクスプレスバスが無い。カオサンへのバスなら

3.バンコク市内を走る路線バス

を利用するしかない。路線バスは料金が安く、バンコク市内の幅広い範囲を網羅している。ただ、現地タイ人向けの移動手段であり、出発地点によっては乗り換えや遠回りも必要になるため到着には時間がかかるだろう。

 

下記ではスワンナプーム国際空港発の「S1バス」、ドンムアン空港発の「A4エアポートバス」、バンコク市内を走る現地人向けの「路線バス」を使ったカオサンへのアクセス方法をそれぞれ紹介していく。

 

ドンムアン空港発の「A4エアポートバス」

ドンムアン空港のエアポートバスはA1からA4まである。カオサンを経由するバスはこれらのうちのA4になる。

運行時間
(運行頻度)
運行ルート料金
A4エアポートバス7時から23時
(30分に1本)
カオサン経由
サナームルアン行き
50バーツ
(約170円)

2020年3月現在

 

A4エアポートバスはドンムアン空港の国際線ターミナルなら5番出口(Exit 5)と6番出口(Exit 6)の間、国内線ターミナルなら12番出口(Exit 12)に停車する。

日本からドンムアン空港に到着した場合、荷物受取所を通り、国際線ターミナル到着ロビーに出る。

ドンムアン空港国際線ターミナル到着ロビー
国際線ターミナル到着ロビー。上記写真の看板にもあるように、バス乗り場は6番出口(Exit 6)にある。したがって、国際線ターミナル到着ロビーを出たら、6番出口方面の左へと進んでいく。

 

ドンムアン空港国際線ターミナル6番出口
国際線ターミナル6番出口

 

エアポートバスのうちA3とA4エアポートバスは6番出口と5番出口の中間ぐらいに停車している。

A4エアポートバス
A4エアポートバス。6番出口と5番出口の間に停車していることが多い。

 

タイの「国内」からドンムアン空港へ来た場合は国内線ターミナル(ターミナル2)へ到着する。国内線ターミナルの場合、12番出口付近にエアポートバスは停まる。

ドンムアン空港国内線ターミナル12番出口
国内線ターミナル12番出口

 

国内線ターミナルからエアポートバスへ乗車すると、すでに国際線ターミナルからの乗客を乗せている。時間帯によっては満席になっており座れない。カオサンまで1時間、座って移動したい場合は国際線ターミナルからの乗車がおすすめである。国内線ターミナルから国際線ターミナルへは徒歩で移動できる。

 

料金はバスが出発してから、車内で料金回収する人に支払う。現金での支払いのみとなるのでタイバーツを用意(日本円からタイバーツへ両替)しておかなければならない。

ドンムアン空港でもっとも良いレートの両替方法を紹介します
2020年2月、ドンムアン空港で何度か見た限り、到着ロビーにあるアユタヤ銀行(現地ではKrungsri(クルンシイ)と表記されている)が一番レートは良かった。 ドンムアン空港国際線ターミナル1階到着ロビーのアユタヤ...

タイバーツを持っているなら、バスがあれば直接乗り込めば良い。

 

A4バスのルート

A4バスは国際線ターミナルを出発後、国内線ターミナルを経由し、デモクラシーモニュメント、バンランプー(カオサン通り近く)、サナームルアン(王宮前広場)へと向かう。

カオサンは経由地になるものの、乗客の多くが降りるため、車内にいる料金を回収する人が「カオサン!カオサン!」と大声で知らせてくれる。乗客が少なく、知らせてくれるかどうか不安なら、到着する前に運転手もしくは料金を回収する人にカオサンで降りる旨を伝えよう。

 

ちなみに、バスはカオサン通りではなく、カオサン通りの北側にある通り「チャクラポーン通り(Chakrabongse Road)」に停車する。そこからカオサン通りまでは徒歩数分である。

 

カオサン地図
上記レッドラインがチャクラポーン通り。カオサン通りよりも少し北東側のチャクラポーン通りにバスは停車する。

 

チャクラポーン通り
チャクラポーン通り。車と同じ進行方向へと進めば、徒歩数分でカオサン通り入口がある。

 

スワンナプーム国際空港発の「S1バス」

カオサン行きバス「S1バス」
カオサン行きバス「S1バス」

 

S1バスはスワンナプーム国際空港から出ているエクスプレスバスである。停車場所も基本的には2ヶ所でカオサンまで向かってくれる。タクシー並みに早く、料金も60バーツ(約200円)と格安である。

 

S1バスはスワンナプーム国際空港1階7番出口(Exit 7)を出たところに停車している。航空機の到着階は2階なので、1階下へ降りることになる。

1階7番出口を出ると、すぐにS1バスの案内カウンターが見える。

 

カオサン行きバス「S1バス」のカウンターS1バスのカウンター。左奥に見えるオレンジ色のバスがS1バスになる。料金はバス車内で支払う。したがって、バスを見つけたらそのまま乗車すれば良い。

 

横断歩道を渡り、S1バスへ向かう。

スワンナプーム国際空港のS1バス

S1バスの運行時間は朝6時から夜20時までの間であり、20分おきに出ている。スワンナプーム国際空港を出発してカオサンまでは約1時間かかる。

 

ちなみに、カオサン行きといっても、正確にはカオサン通りで止まらない。カオサン通りとランブッテリー通り間のチャクラポーン通りでS1バスは停車する。

カオサン近くに停車するS1バス
チャクラポーン通り沿い、カオサン通り近くに停車したS1バス。停車場所からカオサン通りまでは徒歩数分である。

 

バンコク市内を走る路線バス

バンコクのバス

 

エアポートバスではなく、ローカルの路線バスの方がバンコク市内の幅広い範囲を網羅している。乗り換えしながらであれば、目的地の近くまで行ける。ただ、通常は遠回りし、途中頻繁に停車しながら進むため時間がかかる。また、大きな荷物を持っている場合は移動も大変になる。路線バスはあくまでも現地タイ人が乗るバスであり、旅行者向けに作られたバスではない。車内も大型のスーツケースをスムーズに動かせるほど広くない。また、時刻表がないため、バス停で待っていてもいつ来るかわからない。

バンコク市内の地理をある程度把握しており、移動に慣れている人「以外」にはおすすめできない。

下記ではバンコク路線バスの乗り方を紹介する。

 

ローカル路線バスによるバンコク市内の移動方法

バンコクで路線バスを使う人には、transit bangkokというサイトが便利である。

今回は例としてバンコクの中心部とも言えるアソーク(asok)からカオサン通り(khao san)までの行き方を紹介したいと思う。アソークエリアからはカオサン近くまで乗り換え無しで行けるバスが出ている。

 

バンコク・バスの乗換え案内

>>> transit bangkok

上記サイトにアクセスし、I want to go fromには「asok」、Toには「khao san」と入力する。

検索(Find Transportation)をかけると下記のようなルートマップが表示される。

 

アソークからカオサン通り
transitbangkok.com

 

上記ルートマップにはバスの他にもBTSでのルートも表示されている。バスのみで目的地へと行きたい場合は一番上の「Bus Only」へチェックを入れ、バスのルートのみを表示する。

 

バスでアソークからカオサンへ行く
transitbangkok.com

 

アソークからは徒歩でスクンビットソイ12へ向かう。ここのバス停から「2」もしくは「511」のバスに乗車する。バスに乗ったら「Khok Wua Intersection Opposite Lottery」の停留所で降りる。「Khok Wua Intersection Opposite Lottery」からカオサン通りは100mも無い距離にある。

 

BTSサナームパオ駅前のバス停
バス停の近くで待ち、乗車したいバスが来たら手をあげるなどして合図する

 

バスには運転手の他に料金回収を行う人がいるので、降りたい場所を伝え、通り過ぎる前に知らせてくれるように頼んでおこう。初めてカオサンへ行く人は周辺の景色もわからないのが普通なので、停まる都度「ここはどこか?」と気になったら場所を尋ねるべきだ。もちろん、Google Mapsなどで場所を確認しながら進んでも良い。スマホでネットを使う方法については、以下の記事を参考に。

タイのSIMカードを購入する前に知っておくべきこと
タイの通信事業者は「true」「AIS」「dtac」と3つの主要なキャリアが存在する。タイでは旅行者向けSIMカードも用意されており、これら3つの通信事業者からそれぞれ販売されている。タイでSIMを購入出来る場所としては通信事業者の支店、コ

料金はバスにエアコンが付いているか付いていないか、深夜か昼かなどによって変わる。バンコク市内のバスなら距離に関係なく乗車ごとに8バーツ~25バーツになる。

 

ローカルバスは目的地まで、必ずしも直線ルートで向かってくれるわけではないし、度々停車するので時間もかかる。もちろん、時間通りに来るわけではない。いつバスが到着するかわからない状態で待たなければならない。暑い中前を通るバスをチェックしつつ、長時間待つのは大変である。ローカル路線バス利用の際には、こういった点も覚悟の上で利用してほしい。

 

カオサン通りまでタクシーやトゥクトゥク、グラブ(Grab)で行く

パヤタイ駅の下に並ぶタクシー
パヤタイ駅の下に並ぶタクシー

 

タクシー(グラブ)やトゥクトゥクを使えば、原則としてバンコク市内のどこからでもカオサン通りへアクセスできる。カオサン通りへ向かう移動手段としては最も手っ取り早い。ただ、タクシーやトゥクトゥクは場所によっては捕まえにくい。そういった場所ではグラブが役に立つだろう。

 

料金を節約するため、BTSもしくはMRT(地下鉄)でカオサンの最寄り駅までアクセスしたい人もいるかもしれない。カオサン通りと距離的に近い位置にあるBTSの駅は「ラーチャテーウィー(Ratchathewi)駅」「パヤタイ(Phaya Thai)駅」になる。MRT(地下鉄)の最寄り駅は「サムヨート駅(Sam Yot)」になる。

パヤタイ駅には空港から多数の乗客がいるため、タクシー、トゥクトゥクを捕まえにくい時間帯も多い。これらの駅からカオサン通りまでタクシーやトゥクトゥクを使うと100バーツ(約330円)はかかる。タクシーに乗車する際は、必ず「メーターOK?」と尋ねよう。メーターを拒否するタクシーとは交渉するか、すぐにリリースしよう。なるべくメーターで行ってくれるタクシーを探すべきだ。

 

メーター利用を拒否するタクシーが多い場所でも配車アプリ「グラブ」を使った方が良いだろう。ただし、グラブはメータータクシーよりも少しだけ値段は高くなる。メーターで行ってくれるタクシーが捕まえられるならタクシーの方が良い。

グラブはアイフォン及びアンドロイドアプリがある。

‎Grab App
‎Grab is Southeast Asia's #1 ride-hailing app, food delivery service, and cashless payment solution all in one. Get the most convenient booking service for priv...
Grab - Transport, Food Delivery, Payments - Google Play のアプリ
Grab is Southeast Asia's #1 ride-hailing app, food delivery service, and cashless payment solution all in one. With the new Grab app, you'll get the most conven...

 

グラブの利用方法については下記記事も参考に。

タイにおけるグラブ(Grab)の賢い使い方を紹介します
グラブ(Grab)は配車アプリである。東南アジア版のUberとも言われている。 タイにおいて、メータータクシーを簡単に捕まえられる場所ならグラブを使う必要はない。タイではタクシー業界の反発が強く、料金はグラブの方が高くなる傾向...

 

カオサンへの移動手段まとめ

カオサン通りに停車しているトゥクトゥク
カオサン通りに停車しているトゥクトゥク

 

この記事で紹介したカオサンへのおすすめ移動手段を運行(営業)時間、料金でまとめると下記のようになる。

運行(営業)時間料金
チャオプラヤーボート6時~19時(エクスプレスボート)
9時~20時30分(ツーリストボート)
15バーツ(エクスプレスボート)
40バーツ(ツーリストボート)
A4エアポートバス
(ドンムアン空港)
7時~23時50バーツ
S1バス
(スワンナプーム国際空港)
6時~20時60バーツ
路線バス3時~22時8バーツ~25バーツ
タクシー(グラブ)、トゥクトゥク24時間100バーツ~

2020年3月現在

 

途中BTS(バンコク スカイトレイン)やMRT(地下鉄)を利用した場合、その料金ももちろんかかる。BTSは15バーツ~59バーツ、MRTは16バーツ~42バーツになる。出発場所や人数、持ってる荷物の量などを考慮して、個々人に合わせた移動手段を用いてほしい。

 

カオサン通りはアクセスの悪さからアクセスをためらっている人も多いかと思う。しかし、バックパッカー気分を味わうには最高の場所である。バックパッカーでなくとも試しに一度滞在してみるのは悪くないだろう。

カオサンでの楽しみ方、過ごし方が決まっていない人は下記記事も必読である。

カオサン通りにおける昼と夜の楽しみ方、過ごし方を地図とともに紹介します
カオサン通り(カオサンロード)およびその周辺はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。現在のカオサンもバックパッカーの主な滞在場所としてだったり、旅行者同士の情報交換・出会いの場としての機能はまだ残っている。しかし、カオサン自
タイトルとURLをコピーしました