バンコクからパタヤへの行き方について、出発場所ごとに最適な移動手段を紹介します

スワンナプーム国際空港1階8番ゲート近く、パタヤ行きのバス予約カウンターバンコクの観光

 

バンコク「市内」からパタヤへと行くなら、バンコク市内のホテルまで迎えに来てくれる乗合送迎サービスがおすすめである。乗合送迎サービスならバンコク市内のホテルまで迎えに来てくれ、、パタヤでもホテル等の目的地まで送迎してくれる。移動時間を短縮できる上、少人数ならタクシーや貸切チャーター車よりも安い。

ドンムアン空港からパタヤへは直通でのバス、乗合送迎サービスが出ていない。くわえて、バスなどを乗り継いでパタヤまで移動しようとすると4時間はかかる。したがって、料金的には上がるものの、貸切チャーター車がおすすめである。貸切チャーター車ならタクシーよりも安くパタヤへ行ける。

スワンナプーム国際空港からはパタヤへの直通バスが運行している。料金的にも安く、パタヤのバスターミナルまで乗り換え無しで向かえる。移動時間が気になる人にもおすすめである。

 

この記事ではパタヤへの移動手段としてそれぞれの出発場所からもっともおすすめできる

▶ バンコク市内からの「乗合送迎サービス」
▶ ドンムアン空港からの「貸切チャーター車」
▶ スワンナプーム国際空港からの「直通バス」

の利用方法について詳しく紹介していきたいと思う。

 

バンコク市内およびドンムアン空港からパタヤへの移動で安さを重視する人はバスでの移動がおすすめである。

バンコク市内からパタヤへのバス移動およびタクシー(グラブ)、貸切チャーター車による移動手段を知りたい人は下記ページを参考に。

バンコク市内からパタヤへの行き方としてバスとタクシー、ロットゥーを中心に紹介します
バンコク市内からパタヤへ行く方法としては 1.パタヤ行き直通バス 2.タクシー(グラブ、チャーター車) がおすすめである。パタヤ行き直通バスは多くの外国人旅行者が乗車するため、初心者でも利用しやすくなっている。 ...

 

ドンムアン空港からパタヤへバスを乗り継いでの移動を検討している人は下記ページを参考に。

ドンムアン空港からパタヤへの行き方を料金や時刻表などとともに紹介します
ドンムアン空港からパタヤへ行く移動手段としては 1.バス 2.タクシー(グラブ、貸切チャーター車) がある。 ドンムアン空港からはパタヤ行きの直通バス、乗り合いロットゥー(ワゴン)が出ていない。ドンムアン...

 

バンコク市内から「乗合送迎サービス」でパタヤへと移動する方法

パタヤからバンコクへのロットゥー(ミニバス)

 

バンコク市内からパタヤへのバスを利用するには、まずバスターミナルまで移動しなければならない。また、バスでパタヤのバスターミナルに着いても、更にそこからパタヤ中心部への移動が必要になる。

「バスターミナルまでの移動(バンコク)」+「パタヤ行きバス」+「パタヤノースバスターミナルからパタヤ中心部への移動(パタヤ)」

タクシーやチャーター車はホテルもしくはホテル周辺で捕まえられ、パタヤのホテルまで向かってくれる。ただ、料金はもともと高い。

 

これらのデメリットを解消するのがパタヤ行きの乗合送迎サービスである。パタヤ行き乗合送迎サービスならバンコク市内のホテルまで迎えに来てくれ、パタヤでも滞在ホテルまで送迎してくれる。また、料金も340バーツ(約1160円)程度である。340バーツという値段だけ見ればバスよりも高い。しかし、パタヤ市内からバスターミナルへの移動料金、パタヤからバンコクへのバス料金、バンコクのバスターミナルからバンコク市内までの料金を含んだプランになっている。バンコクおよびパタヤでの移動料金トータル、移動や待ち時間などを考慮すれば乗合送迎サービスの方が優れているだろう。

くわえて、大きな荷物の追加料金は50バーツ(約170円)である。ロットゥーでは一人分の料金を取られるため、大きな荷物を持っている人にも乗合送迎サービスがおすすめだ。

 

バンコクからパタヤ行きの乗合送迎サービスは下記ページから予約できる。

>>> バンコクからパタヤ行き乗合送迎サービス

バンコク市内からパタヤへの乗り合いロットゥー料金
日付、[バンコク→パタヤ]乗合送迎サービス、時間帯を選択する。ピックアップの時間は9時、13時、17時30分の3つに限定されている点は注意。

2日以前のキャンセルなら全額返金されるため、予め予約しておくと良いだろう。

>>> バンコクからパタヤ行き乗合送迎サービス

出発日までに、バンコクでのピックアップ時間について現地オペレーターから確認の連絡がある。ピックアップ時間は、選択した出発時間の15分から60分前になっている。

 

乗合送迎サービスでは10座席あるバンでバンコク市内のホテルまで迎えに来てくれ、バスターミナルでバスに乗り換える。バスでパタヤに到着後、再度バンに乗り換え、ホテルまで送迎してくれる。

タクシーよりも安く、バンコク市内のホテルからパタヤの目的地まで送迎してくれるため労力的にも楽である。タイ旅行初心者にもおすすめの移動手段だ。

 

バンコク市内から乗合送迎サービス以外の移動手段

バンコク市内のバスターミナル近くに滞在してるならバスターミナルからのバスを利用しても良いだろう。また、貸切チャーター車のように、乗り換え無しで直接パタヤ市内の目的地へ向かってくれるのも便利である。

 

10人乗りのVIPバンへ10人で乗ったり、大人数であれば貸切チャーター車にしても料金的には差が少なくなる。

バンコクからパタヤへのチャーター車
10人乗りで6800円程度。1人あたり680円(約200バーツ)なので、乗合送迎サービスよりも安い料金でパタヤへと向かえる。貸切チャーター車なら乗り換えも不要なので、こちらの方が便利だ(kkday.comより)。

 

貸切チャーター車の予約は下記ページから行える。

>>> バンコクからパタヤへの貸切チャーター車予約ページ

 

バンコク中心部のエカマイ、ドンムアン空港に近いモーチットからパタヤ行き直通バスが出ている。バスでの移動方法を含む、バンコク市内からパタヤへの行き方について全部まとめて知りたい人は下記記事を参考に。

バンコク市内からパタヤへの行き方としてバスとタクシー、ロットゥーを中心に紹介します
バンコク市内からパタヤへ行く方法としては 1.パタヤ行き直通バス 2.タクシー(グラブ、チャーター車) がおすすめである。パタヤ行き直通バスは多くの外国人旅行者が乗車するため、初心者でも利用しやすくなっている。 ...

 

ドンムアン空港から「貸切チャーター車」でパタヤへと移動する方法

ドンムアン空港の貸切チャーター車
ドンムアン空港でのVIPバンによるピックアップ

 

ドンムアン空港発のパタヤ行き直通バスおよび乗合送迎サービスは出ていない。したがって、多くの旅行客はバンコク市内のバスターミナルでパタヤ行きバスに乗るか、タクシー(グラブ)でパタヤへと向かっている。

ドンムアン空港から安くパタヤへと行きたい人はバンコク市内のバスターミナル発のバスを利用すれば良い。ただ、ドンムアン空港からタクシーもしくはグラブでパタヤへの移動を考えている人は貸切チャーター車での移動へと変えるべきだ。貸切チャーター車なら3人乗りのセダンで4500円~5000円程度(約1320バーツ~1470バーツ)になる。これは空港使用料、高速料金等も含んだ料金である。したがって、タクシーよりも安くパタヤへ行ける。タクシーと同様に24時間利用可能である。

 

ドンムアン空港からパタヤへのチャーター車
3人乗りで5000円程度~(kkday.comより)

 

ドンムアン空港からパタヤへのチャーター車
3人乗りで4500円程度~(Klookより)

 

3人乗りのセダンから最大10人まで乗れるバンも用意されている。車のタイプ(大きさ)によって料金が変わる。10人まで乗れるバンなら1人あたり700円~800円(約200バーツ~240バーツ)で行ける。予約の際には、人数や荷物量に合った車を選択しよう。

 

貸切チャーター車の予約は下記ページから行える。

>>> ドンムアン空港からパタヤへの貸切チャーター車予約ページ(KKday)

>>> ドンムアン空港からパタヤへの貸切チャーター車予約ページ(Klook)

上記ページで利用日を選択し、「ドンムアン空港ーパタヤ市内ホテル」行きのプランを選択しよう。予約時に記入欄にて、パタヤでの宿泊ホテル名および住所を記載するため、言葉によるコミュニケーションもほぼ不要だ。

 

ドンムアン空港での貸切チャーター車利用方法

KKdayでは、運転手の名前と車のナンバープレートを事前に連絡してくれる。また、誘導スタッフがドンムアン空港国際線ターミナル3番出口(Exit 3)もしくは国内線ターミナル11番出口(Exit 11)にて、予約者の名前が英語で書かれたKKdayのネームプレートを持って待機してくれている。

 

ドンムアン空港国際線ターミナル3番出口
ドンムアン空港国際線ターミナル3番出口。国際線ターミナル3番出口を指定したらこのあたりで運転手を探す。KKdayのネームプレートを持っている人に電子バウチャー(予約表)を見せると、車を出口近くまで回してくれる。

 

KKdayのネームプレートKKdayのネームプレート。ここに予約者の名前があるか確認しよう。

 

貸切チャーター車はタクシーと同様に24時間運行している。ただし、時間は予約時に指定しなければならない。時間の変更も事前に行う必要がある。

飛行機の遅延があっても、1時間30分は待ってくれる。アプリではメッセージのやり取りができるため、ドライバーがどこにいるかわからないとき、飛行機が遅延する場合は事前に連絡できる。

 

KKdayは2日以前のキャンセル、Klookは24時間以前のキャンセルなら全額返金されるため、忘れないうちに予約だけは早めにしておいた方が良いだろう。

>>> ドンムアン空港からパタヤへの貸切チャーター車予約ページ(KKday)

>>> ドンムアン空港からパタヤへの貸切チャーター車予約ページ(Klook)

上記ウェブサイトの方が空港の旅行代理店ブースで予約するよりも安い。パタヤ旅行初心者だけでなく、移動料金を節約したい団体におすすめの移動手段だ。

 

ドンムアン空港からのバスを利用した最安値でのパタヤ移動

ドンムアン空港からパタヤまで最安値での移動をしたいなら、

1.ドンムアン空港からモーチットバスターミナル(A1エアポートバス)
2.モーチットバスターミナルからパタヤノースバスターミナル(パタヤ行きバス)
3.パタヤノースバスターミナルからパタヤ市内の目的地(ソンテウもしくはバイタク)

と以上のルートを乗り継いで行かなければならない。

 

最安値での移動手段を含むドンムアン空港からパタヤへの移動手段についてまとめて知りたい人は下記記事を参考に。

ドンムアン空港からパタヤへの行き方を料金や時刻表などとともに紹介します
ドンムアン空港からパタヤへ行く移動手段としては 1.バス 2.タクシー(グラブ、貸切チャーター車) がある。 ドンムアン空港からはパタヤ行きの直通バス、乗り合いロットゥー(ワゴン)が出ていない。ドンムアン...

 

スワンナプーム国際空港から「直通バス」でパタヤへと移動する方法

スワンナプーム国際空港では5時30分から22時までパタヤへの直通バスが運行している。料金は130バーツ(約440円)である。ドンムアン空港のように、バスターミナルへの移動も不要なので、利用しやすいアクセス手段になっている。

 

スワンナプーム国際空港からパタヤへの直通バスは1階8番ゲート近くのカウンターでチケットの購入ができる。スワンナプーム国際空港では飛行機の到着階が2階となる。したがって、パタヤ行きの直通バスのチケット販売カウンターへは1階下へと降りれば良い。

スワンナプーム国際空港2階到着ロビー
スワンナプーム国際空港2階到着ロビー。2階からエスカレーターもしくはエレベーターで1階下へ下る。

 

スワンナプーム国際空港1階
スワンナプーム国際空港1階フロア。ちなみに、もう1階下の地下1階にはエアポートリンク(鉄道)の空港駅がある。

 

スワンナプーム国際空港1階は細長いフロアになっている。パタヤ行きバスのチケット販売カウンターは8番ゲート近くにある。1階フードコートの前である。

スワンナプーム国際空港1階8番ゲート近く、パタヤ行きのバス予約カウンター
スワンナプーム国際空港1階8番ゲート近く、パタヤ行きのバス予約カウンター。パタヤ行きの他、ホアヒン行きのバスチケットも売られている。行き先としてきちんと「パタヤ」と伝えるようにしよう。

 

スワンナプーム国際空港からパタヤまでは130バーツ(約440円)。時間は始発が5時30分で7時からは1時間おきに22時まで運行している。

スワンナプーム国際空港からパタヤ行き直通バスの時刻表
スワンナプーム国際空港からパタヤ行き直通バスの時刻表(airportpattayabus.comより)。シーズン中は客の増加によって臨時便も運行しており、30分おきにバスが出ている時間帯もある。

 

希望する出発時間のチケットが売り切れると、その時間のチケットは購入出来なくなる。12時過ぎに予約しても13時の次のバス、つまりは14時のバスになることもある。特に団体で移動する人が重なると、席も埋まりやすくなる。ホームページからの予約もできるので、事前に購入しておくと良いだろう。

FROM AIRPORT

パタヤ行き直通バスの予約ページ(英語)。

 

予約した場合もカウンターでチケットを受け取る。チケットを受け取ったら、時間になるまで8番ゲート近くで待っていよう。

スワンナプーム国際空港8番ゲート付近
スワンナプーム国際空港8番ゲート付近

 

古い車種のバスにはトイレが付いていないので、出発前にトイレには行っておいた方が良い。

バスへの乗車は予定出発時間よりも30分以上遅れることもある。出発時間になると、バス会社のスタッフが8番ゲート近くで「パタヤーパタヤー」などと叫ぶので、その人についていけば良い。外のバスが停車している所まで、他の客と一緒に歩いて向かう。

 

スワンナプーム国際空港発パタヤ行きバス
スワンナプーム国際空港発パタヤ行きバス。上記写真のバスには「スワンナプーム空港ーホアヒン」と記載されているが、終着地点はパタヤである。

 

パタヤまでは2時間程度かかる。シーズン時の渋滞に巻き込まれるとパタヤ到着まで3時間以上かかることもある。バスの中は温度調節が上手くなされていない場合もあり、暑かったり、寒かったりする。上着の用意と飲み物は手に持って車内へ持っていた方が良いだろう。

 

下記ではパタヤでの到着地、到着地からパタヤ中心部への移動方法について紹介する。

 

パタヤにおける到着地

5時30分から20時のバスはパタヤで3カ所に停車する。21時および22時の到着場所はパタヤノースバスターミナルのみになる。

スワンナプーム国際空港発バスのパタヤにおける停留所
スワンナプーム国際空港発バスのパタヤにおける停留所

 

▶ 5時30分から20時スワンナプーム国際空港発のバス

①King Power Pattayaの反対側道路(セントラルパタヤ交差点)
②Big Cの反対側道路(サウスパタヤ交差点)
③タップラヤロードオフィス(Thappraya road office)

セントラルパタヤ交差点、サウスパタヤ交差点を経由し、最後タップラヤロードオフィスに停車する。

 

▶ 21時および22時スワンナプーム国際空港発のバス

パタヤノースバスターミナル(North Pattaya Bus Terminal)

シーズン時の増便もパタヤノースバスターミナルのみに停車することが多い。

 

停留所からパタヤ中心部への移動手段を料金目安とともに紹介すると下記のようになる。

移動手段料金
King Power Pattayaの反対側道路
(セントラルパタヤ交差点)
ソンテウもしくはバイタク50バーツ~100バーツ
Big Cの反対側道路
(サウスパタヤ交差点)
ソンテウもしくはバイタク10バーツ~100バーツ
タップラヤロードオフィスソンテウ10バーツ~
パタヤノースバスターミナルソンテウもしくはバイタク50バーツ~100バーツ

料金および日本円での参考価格は2020年3月現在の数字になる。

 

Opposite King Power Pattaya、Opposite Big C south Pattaya、Thappraya road officeからパタヤ中心部への移動手段

タップラヤロードオフィス(Thappraya Road Office)
タップラヤロードオフィス

 

セントラルパタヤ交差点、サウスパタヤ交差点、タップラヤロードオフィスの3か所では終点のタップラヤロードオフィスで降りるのが良い。タップラヤロードオフィスの前を通るタップラヤロードには10バーツで乗れるソンテウが走っているからだ。

10バーツソンテウの乗り方からルート、パタヤにおけるエリアを地図上で把握したい人は下記ページを参考に。

パタヤにおけるソンテウの乗り方を地図とともにわかりやすく紹介する
パタヤはビーチロードとセカンドロード、それら間のソイを中心に発達しているコンパクトな街である。バンコクのようにBTS(バンコク・スカイトレイン)や地下鉄は無い。しかし、移動手段としてはソンテウがその役割を十分に果たしている。ソンテウのおかげ...

事前にホテルの場所は確認しておこう。ビーチロードおよびセカンドロードは10バーツのソンテウで移動できるため、ホテルへの移動も便利だ。

 

セントラルパタヤ交差点、サウスパタヤ交差点は地元客用の停車場所になる。ソンテウやバイタクは旅行客には使いづらく、ぼったくろうとするドライバーもいる。現地に慣れている人や近場のホテルを予約した人以外にはおすすめできない。

サウスパタヤ交差点からサウスパタヤロードまで入ると10バーツでウォーキングストリートへ向かうソンテウも出ている。ただし、数は少ない。

 

パタヤノースバスターミナルからパタヤ中心部への移動手段

ノースパタヤ・バスターミナル
パタヤノースバスターミナル

 

パタヤノースバスターミナルからパタヤ中心部までは徒歩で1時間はかかる距離にある。したがって、パタヤノースバスターミナルからは入口付近に待機しているソンテウもしくはバイタク(バイクタクシー)へ乗り、ホテルなど目的地へ行った方が良いだろう。

パタヤでのわかりやすい行き先(場所)やソイ(路地)番号は把握しておき、お金を渡す際、ソンテウへ乗る際、ドライバーに伝えれば良い。ヒルトンなどの有名なホテル、ウォーキングストリートなどの有名なスポットならドライバーも知っている。

 

パタヤノースバスターミナルのソンテウは

・人数が一杯になったら出発する便
・チャーター便

の2通りがある。人数が一杯になったら出発する便は原則としてビーチロード、セカンドロード方向へと向かう。これら以外のエリアに滞在する場合、多めの料金を払ってチャーターが必要なときもある。

人数が一杯になったら出発する便は1人50バーツ、チャーターの場合は1台300バーツ~が相場となっている。チャーターでは300バーツ以上請求してくるドライバーもいる。

 

ノースパタヤバスターミナルのソンテウ
パタヤにある「パタヤノースバスターミナル」のソンテウ。乗り合いのソンテウはノースパタヤロード側のパタヤノースバスターミナル入口付近に待機している。近くに寄れば、誘導されるかと思う。値段を確認した上で乗り込もう。

 

大きな荷物を持っていないなら、バイクタクシーでも良いだろう。バイクタクシーなら場所も柔軟に決められる。料金は目的地によって異なり、1人50バーツから遠くても100バーツ程度になる。バイクタクシーはソンテウが並ぶエリアよりも道路側(バスターミナル入口側)で待機している。

 

パタヤの地理がわからない旅行者はソンテウでの移動の際、スマホのGoogle Mapsなどで位置を確認しながら移動した方が良いだろう。タイでモバイルインターネット環境を作る方法については下記記事を参考に。

タイのSIMカードを購入する前に知っておくべきこと
タイの通信事業者は「true」「AIS」「dtac」と3つの主要なキャリアが存在する。タイでは旅行者向けSIMカードも用意されており、これら3つの通信事業者からそれぞれ販売されている。タイでSIMを購入出来る場所としては通信事業者の支店、コ

 

パタヤからバンコクへの帰り方については下記記事を参考に。

パタヤからバンコクへの行き方としてバスやタクシーによる賢いアクセス方法を紹介します
パタヤからバンコクへと帰る際に利用される移動手段としては 1.バス 2.タクシー(グラブ、チャーター車) 3.ロットゥー(ミニバス) の3つがある。 バスは「ノースパタヤバスターミナル」からバンコク市内...

帰りに慌てないよう、パタヤからバンコクへの帰り方についても予め目を通しておくべきだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました