カオサンで日本人におすすめのゲストハウスと利用方法を紹介します

カオサンのゲストハウス宿泊客バンコクのホテル

 

バンコクのカオサンエリアには予算の限られたバックパッカー向けの安宿が数多く営業している。

こうした安宿の多くはゲストハウスという形になっており、シャワールームや洗面所、トイレなどは共有である。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミトリー形式となっている。

ドミトリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりするようなタイプのプランである。

 

カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル(3HOWw Hostel)」
3ハウー ホステル」のドミトリー

 

ゲストハウスには様々な共用のスペースがあり、他の旅行者と接する機会も多くなる。通常のホテルよりも、旅行者と交流しやすい、仲良くなれる環境にあるだろう。

 

日本人がカオサンでゲストハウスを利用したい理由は様々かと思う。海外の旅行者との交流だったり、料金的な安さなどで選んでいるだろう。しかし、通常のホテルよりトラブルが発生しやすいのも、ゲストハウスの特徴になっている。現金や荷物の管理など、日本人ほど無防備なので旅行前に対策はしておくべきだ。

 

この記事では

▶ カオサンでゲストハウスに宿泊する前に知っておくべきこと

をおすすめのゲストハウスとともに紹介し

▶ カオサンのおすすめホテル

から

▶ 海外旅行初心者が知っておくべきカオサンのゲストハウスに宿泊する際の注意点

についても詳しく述べていきたいと思う。

 

部屋、トイレ、シャワーが共同ではなく、部屋に配備されているシングルルームは「カオサンのホテル」で紹介している。ドミトリーではなく、こうしたシングルルームへ宿泊したいと思っている人は下記記事を参考に。

カオサン通りで日本人におすすめのホテルを紹介します
カオサン通りの「ゲストハウス」は通常シャワールームや洗面所、トイレなどが共有となっている。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミトリー形式となっている。ドミトリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりす

 

カオサンでゲストハウスに宿泊する前に知っておくべきこと

カオサン地図
カオサン通り(黄色)とその周辺にある主要エリア(OpenStreetMapより)

 

カオサンでゲストハウスに宿泊するなら、事前に予約はしておくべきだ。また、料金を抑えたい人、静かな環境で滞在したいならメインとなるカオサン通りは避けた方が良い。

現地で予約なしに宿を探すと、暑い中で探し回る必要が出てくる上に、料金も高い値段で妥協せざるを得なくなる。やっとのことで空室を見つけても、部屋が空いてる宿は人気が無いため管理がずさんだったり、トラブルに巻き込まれる確率も高くなる。

また、メインとなるカオサン通り沿いのゲストハウスは料金が上がっても、サービスの満足度は低くなる傾向にある。

加えて、カオサン通り沿いの部屋だと、音楽も朝の4時ぐらいまで聞こえてくる。寝る時ぐらいは静かな環境で過ごしたい人にもカオサン通り沿いのゲストハウスは不向きである。

 

カオサン通り
夜のカオサン通り。音楽が流れ、毎日のように騒がしくなる。

 

カオサンのおすすめゲストハウスとカオサンの地図

カオサンエリアはメインとなるカオサン通りを中心に、周辺のエリアで構成されている。カオサン通りのほか、周辺のエリアを含めると、カオサンには200を越えるゲストハウスが存在している。

こうしたカオサンにおけるおすすめのゲストハウスを目安価格とともにまとめて紹介すると下記のようになる。

>>> カオサン通りのすぐ近く、観光客向けの店が並ぶ通りにあるゲストハウス(1泊500円程度)

>>> カオサン通り北の落ち着いた通りにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りと縦に交わるチャクラポーン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りから400mほど北へ行ったプラスメン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りからは徒歩10分程度、カオサンエリア郊外のゲストハウス(1泊900円程度)

>>> 観光客向けの店が並ぶエリアにあるゲストハウス(1泊900円程度)

>>> カオサン通りまで徒歩7分、日本人限定のゲストハウス

※価格はあくまでも目安であり、時期によっても異なります。宿泊料金は上記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけでチェックできます。

 

おすすめのゲストハウスの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


カオサンエリアにあるゲストハウス地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

 

下記ではカオサンエリアにあるおすすめのゲストハウスを更に詳しく紹介したいと思う。

 

ザ ミックス ホステル(The Mixx Hostel)

ザ ミックス ホステル(The Mixx Hostel)

 

観光客向けの店が並び、賑やかなランブッテリー通り(Rambuttri alley)にあるゲストハウス。ランブッテリー通りはカオサン通りの1本北の通りにある。

カオサン通りに近いのはもちろん、ホテル周辺はレストラン、マッサージ屋も多く滞在には便利な環境にある。

1泊500円程度と格安だが、満足度は高いホテルである。

 

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れれば確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ ミックス ホステル(1泊500円程度)

 

ランブッテリー通りのレストラン
夜のランブッテリー通り

 

ザ ストリート ホステル(The Street Hostel)

ザ ストリート ホステル(The Street Hostel)

 

ランブッテリー通りの1本北にある通り沿いで、比較的落ち着いた通りにあるゲストハウス。カオサン通りへは徒歩3、4分で向かえる距離にある。

 

1泊1000円程度となっている。具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れれば確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ ストリート ホステル(1泊1000円程度)

 

ウォーム ホワイト ホステル(Warm White Hostel)

ウォーム ホワイト ホステル(Warm White Hostel)

 

カオサン通りと縦に交わる大通り「チャクラポーン通り(Chakrabongse Road)」沿いにあるゲストハウス。

 

チャクラポーン通り
チャクラポーン通り

 

共用スペースで宿泊者同士が集まってワイワイ騒げるゲストハウスである。

1泊1200円程度となっている。具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れれば確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ウォーム ホワイト ホステル(1泊1000円程度)

ウォーム ホワイト ホステルはシングルルームもある。ただし、シャワールームなどは個室についておらず、ドミトリーとの共同になっている。

 

カウンティング スターズ ホステル(Counting Stars Hostel)

カウンティング スターズ ホステル(Counting Stars Hostel)

 

カオサン通りから400mほど北へ行ったプラスメン通り(Thanon Phra Sumen)沿いにあるゲストハウス。

外観は地味だが、他のゲストハウスと同様に、共用スペースは充実している。

 

1泊1000円程度となっている。具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れれば確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> カウンティング スターズ ホステル(1泊1000円程度)

 

カウンティング スターズ ホステル(Counting Stars Hostel)の宿泊客
共用スペースでお酒を飲む宿泊客達(カウンティング スターズ ホステルより)

 

3ホウ ホステル カオサン(3HOWw Hostel Khaosan)

3ホウ ホステル カオサン(3HOWw Hostel Khaosan)

 

カオサン通りからは徒歩10分程度、カオサンエリア郊外のゲストハウス。静かな環境にあり、オシャレなゲストハウスがいくつか固まっている路地にある。

ゲストハウスの共用スペースでは宿泊客同士で集まり盛り上がっていた。

 

カオサンのゲストハウス宿泊客
共用スペースで交流する宿泊客

 

1泊900円程度となっている。具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れれば確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> 3ホウ ホステル カオサン(1泊900円程度)

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)

バーン チャナソンクラーム(baan chanasongkram)

 

バーン チャナソンクラームは細い路地にレストランやマッサージ屋、タトゥーショップが並ぶチャナソンクラーム通り(Chanasongkram Alley)で営業している。

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)受付
バーン チャナソンクラーム受付。チェックアウトは12時。13時から16時までのレイトチェックアウト(遅い時間のチェックアウト)にも対応している。16時以降のチェックアウトは1泊分の料金がかかる。

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)の共用スペース
ゲストハウスの共用スペース

 

バーン チャナソンクラームはドミトリールームだけでなくシングルルームもある。

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)のシングルルーム
もちろん、ドミトリーよりも値段は高くなる。

 

ドミトリーは1泊900円程度。シングルルームを含むゲストハウスの正確な値段はリンク先で日付を入れるだけでチェックできる。

>>> バーン チャナソンクラーム(1泊900円程度)

 

チャナソンクラーム通りの南側から繋がるソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)も露店、レストラン、ゲストハウスなど観光客向けの店が数多く並び、にぎやかである。

チャオプラヤ川のチャオプラヤーボート乗り場にも比較的近く、バンコク市内へのアクセスにも便利な位置にある。

 

カオサンのチャナソンクラーム通り(Chanasongkram Alley)
小さなショップがひしめき合って並ぶチャナソンクラーム通り

 

カオサンのソイ ランブットリー
ソイ ランブットリー。チャナソンクラーム通りはソイ ランブットリーと繋がっている。

 

ロングラックゲストハウス(Long luck guesthouse)

ロングラックゲストハウス(Long luck guesthouse)
共用スペースで集まっている日本人旅行者(facebook.com/pg/longluckguesthouse/より)

 

カオサン通りから徒歩圏内には日本人旅行者向けの宿「ロングラックゲストハウス(Long luck guesthouse)」がある。

ゲストハウスへ宿泊するにしても、日本人との交流を期待するなら、こうした日本人宿が良いだろう。記事後半で紹介するようなゲストハウスで生じうるリスクも、ある程度は下げられるはずだ。ちなみに、オーナーはタイ人になる。

 

男女ミックスのドミドリーで1泊280バーツ(約920円)、女性ドミドリーも1泊280バーツになる。シングルルーム(個室)も用意されている。予約は下記のフォームから行える。

>>> ロングラックゲストハウス(1泊900円程度)

 

カオサンのおすすめホテル

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)
ダン ダゥーム ホテルの客室

 

ゲストハウスのように部屋まで共有だと現金の管理が面倒になるし、他人がプライベート空間にいることでストレスを感じる人もいるはずだ。カオサン通りで騒いだ後は部屋でゆっくりと休みたいという人も多いだろう。カオサンに滞在するカップルも通常は個室(シングルルーム)を選択する。

 

こうしたシングルルームへ宿泊したいと考えている人に向け、カオサンエリアでシングルルームを提供しているおすすめホテルの簡単な紹介からすると

▶ カオサン通り沿いのおすすめホテル

>>> カオサン通り沿いにあり、コンパクトなシングルルームのホテル

>>> カオサン通り沿いにあり、コンパクトだがオシャレな客室のホテル

>>> カオサン通りに沿いにあり、オシャレな東洋風のデザインホテル

 

▶ カオサン周辺のおすすめホテル

>>> カオサンよりも落ち着いたエリアにあり、長期滞在者に人気のオシャレなホテル

以上のようになる。宿泊料金は上記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけでチェックできます。

 

おすすめホテルの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


カオサンエリアにあるおすすめホテルの地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、ホテル一覧が表示されます。

上記で紹介したホテルの場所は、このマップを別タブ・ウインドウ(もしくはアプリ)で開いておくと参照しやすいです。

 

カオサンで営業するおすすめホテルについて、更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

カオサン通りで日本人におすすめのホテルを紹介します
カオサン通りの「ゲストハウス」は通常シャワールームや洗面所、トイレなどが共有となっている。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミトリー形式となっている。ドミトリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりす

 

海外旅行初心者が知っておくべきカオサンのゲストハウスに宿泊する際の注意点

ゲストハウスの欧米人

 

これからカオサンエリアのゲストハウスに滞在しようと考えている人は

1.現金の管理を含む盗難対策は事前に行う
2.ドラッグの誘惑に注意する
3.異性の連れ込みは現実的ではない

という点は頭へ入れておくべきだ。下記でそれぞれ詳しく紹介していく。

 

現金の管理を含む盗難対策は事前に行う

通常のゲストハウスは1つの部屋を複数人のバックパッカーでシェアする。一部日本人は、欧米人はみな金に余裕があると思っている。しかし、バックパッカーは欧米人でもお金をあまり持っていないのが普通だ。したがって、ドミトリールームで宿泊客の目を気にせず、お金を数えていたりするのは警戒心が無いと言わざるを得ない。また、現金のアピールをしなくとも、盗難は生じうるものとして盗難対策は必ず行うべきだ。警察に相談しても、盗まれた物はまず帰ってこない。

 

スーツケースを部屋に置きっぱなしにするなら、最低限カギをかけておこう。カギのかけられないリュックに現金や貴重品を入れておくと、他の宿泊客などに盗まれるリスクがある。常に現金を持ち歩くのも紛失等で心配なら、ホテルの受付に預けたり、隠し金庫に現金を入れるなどはしておこう。

もちろん、個室の部屋が提供されているホテルに泊まれば、より安全に滞在できる。盗難が心配なら、ドミトリールームではなく個室のシングルルームへと宿泊すべきだ。

くわえて、バックパッカーなら、現金は最低限の額だけ持ち歩くようにしよう。バックパッカーなど長期旅行者は、必要に応じて現金の引き出しができるキャッシング機能付きクレジットカードを使うのがおすすめである。

タイにおけるクレジットカードのキャッシング手数料と為替レートについて紹介します
タイにおける両替は現金(日本円)を持参し、レートの良い優良両替所で行うのがもっともおすすめである。なぜなら、手数料が安い(両替レートが良い)からだ。ただ、現金の持ち運びを不安に感じたり、現金を失くしたり、不足したときの手段として、ク...

 

ドラッグの誘惑に注意する

バックパッカーが集まるカオサンには大麻といった違法薬物の誘惑もある。ホテル予約サイトから削除されたホテルの中には、過去にマネージャーが大麻の販売を行っていたり、ホテルの従業員が売買に関与していたケースもあった。今でも日本語の「葉っぱ」は現地で日本人に大麻を売る隠語として使われている。

 

ホテル側がドラッグに関与したケースは今では珍しくなっている。しかし、他の旅行者による大麻などのドラッグの持ち込みは完全には防げない。ノリに任せてはしゃいでいると、ドラッグをすすめられたりもするので、最低限の警戒心は持っておき、怪しい薬物をすすめられたらきちんと拒否すべきだ。お酒などで理性を失いやすい人などは特に注意しよう。

 

異性の連れ込みは現実的ではない

異性との出会いが目的でカオサン通りに訪れる人も多い。カオサン通りではセクシーな格好をした女性も多く、中にはお金を払ってお持ち帰りができるプロ(売春婦)も混ざっている。プロではない女性をナンパしてホテルへの持ち帰りを考えている人もいるだろう。しかし、ゲストハウスへの持ち帰りは原則不可になる

宿泊者を装って持ち帰っても、ドミドリーでそういった行為をすれば、周りからもネガティブな反応をされるだろう。下手をすれば部屋から追い出されたり、警察を呼ばれることもあるはずだ。

 

こういった行為を目的にカオサンへ訪れる人は個室の部屋が提供されているホテルを予約すべきだ。カオサンのホテルはバンコクにある多くのホテルと同様に、通常1部屋に2人まで宿泊が可能である。

 

確かに、ゲストハウスと違い、シングルルーム(宿泊客ごとに分かれている部屋)が提供されているホテルでは、他の宿泊者と交流機会も少なくなる。ただ、ディスコだったり、バーでの交流もできる。

 

カオサン通りでの夜遊び
カオサン通りは夜になると道に人が溢れ、周辺のレストランから流れる音楽でストリートがディスコ状態になる。

 

カップルで訪れる場合も、多少値段は上がるが、シングルルームの方がおすすめである。シングルルームでおすすめのホテルは下記記事を参考に。

カオサン通りで日本人におすすめのホテルを紹介します
カオサン通りの「ゲストハウス」は通常シャワールームや洗面所、トイレなどが共有となっている。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミトリー形式となっている。ドミトリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりす

 

カオサンでは人と接する以外の楽しみ方もある。様々な食事を楽しんだり、マッサージを受けたり、のんびり過ごすのも良いだろう。

ソイ ランブットリーのマッサージ
フットマッサージを受ける観光客

 

カオサンはバンコクの他のエリアとは異なる雰囲気を持つ街である。タイらしくない欧米の繁華街のような雰囲気を楽しめるのは1つの魅力になっているかと思う。

バンコクという大都市にあるテーマパークの1つとして、カオサン周辺エリアに浸ってみてはいかがだろうか?

 

カオサン通りにおける昼と夜の楽しみ方、過ごし方については下記記事も必読である。

カオサン通りにおける昼と夜の楽しみ方、過ごし方を地図とともに紹介します
カオサン通り(カオサンロード)およびその周辺はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。現在のカオサンもバックパッカーの主な滞在場所としてだったり、旅行者同士の情報交換・出会いの場としての機能はまだ残っている。しかし、カ...
タイトルとURLをコピーしました