バンコクのおすすめホテルを5つのエリアごとに紹介します

プラトゥーナム市場とプラチナムファッションモールのあるペッブリー通りバンコクのホテル

 

バンコクの主要な観光エリアは下記のように

1.スクンビット(Sukhumvit)
2.シーロム(Silom)
3.サイアム(Siam)、プラトゥーナム(Pratunam)
4.カオサン(Khaosan)
5.ヤワラート(Yaowarat)

の5つに大別できる。

バンコク観光マップ
バンコクの主要な観光エリア(©OpenStreetMap contributorsより)

 

この中で日本人の滞在先として人気なのはスクンビットシーロムである。レストランからショッピング、プレイスポットまでが揃っているため、旅行者として訪れても便利な環境にある。観光スポットへのアクセスも良い。

サイアムはショッピングやレストランが揃い、現地若者のデートスポットとして人気のエリアである。ただ、サイアムで営業しているホテルは数えるほどしかなく、コスパの良いホテルがない。一般人なら、サイアムの北側にあるプラトゥーナムエリアの方が選択肢も多くおすすめだ。

ルンピニーはスクンビットやシーロムといった繁華街へのアクセスも良く、格安ホテル街もあるため長期滞在者におすすめである。ただ、短期滞在の旅行者ならエリア内で楽しめるカオサンの格安ホテル街に滞在した方が良いだろう。

バンコクのチャイナタウンであるヤワラートも他には無い特徴的なエリアである。下町の雰囲気を残すエリアで中華料理などを楽しみたい人におすすめだ。

 

この記事ではバンコクのおすすめホテルを滞在先として無難な

▶ スクンビット
▶ シーロム

の主要2エリアを中心に紹介するとともに、好みが分かれる

▶ プラトゥーナム
▶ カオサン
▶ ヤワラート

といったエリアのおすすめホテルについても、料金とともに詳しく述べていきたいと思う。

 

バンコクのエリア別おすすめホテル

バンコクのアソーク通り
アソーク通り

 

バンコク旅行の目的は個々人によって異なる。明確な目的があるなら、それに合わせて滞在場所を選択すべきだ。バンコク旅行の目的が明白でない場合、タイ旅行初心者はスクンビットシーロムが滞在エリアとして無難である。これらエリアは比較的何でも揃っていて便利なのと、広範囲で観光スポットへのアクセスするのに悪くないからだ。観光以外の時間も快適にできるだろう。

 

下記ではスクンビットやシーロムを中心に、それぞれのエリアにおいておすすめのホテルを紹介する。この記事で紹介するホテルの具体的な料金は記事内のリンク先でチェックイン、チェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。

※ リンク先のホテル予約サイトで金額が表示されない場合は、その予約サイトの枠が埋まっている。1つのホテル予約サイトで表示されない場合は他の予約サイトでも確認をしてほしい。

 

▶ スクンビットのおすすめホテル

>>> 【1泊4000円~】地下鉄スクンビット駅1番出口から徒歩数分の位置にあるサービスの良い中級ホテル

>>> 【1泊7000円~】BTSナナ駅から徒歩圏内。窓からの夜景が綺麗な人気高層ホテル

>>> 【1泊2000円~】ソイカウボーイまで徒歩0分!スクンビット駅にも1分で行ける好立地の格安ホテル

 

▶ シーロムのおすすめホテル

>>> 【1泊5000円~】タニヤ通りが目の前!スラウォン通り沿いにある新築の中級ホテル

>>> 【1泊1万7000円~】屋上ムーンバーが有名で映画やドラマにも使われる有名高層ホテル

>>> 【1泊2000円~】ゴーゴーバーの並ぶパッポン通りの中で営業している格安ホテル

 

▶ プラトゥーナムのおすすめホテル

>>> 【1泊7000円~】現地の庶民向けショッピングエリアにあり、バンコクで2番目に高いビルで営業する高層ホテル

 

▶ カオサンのおすすめホテル(ゲストハウス)

>>> 【1泊700円~】カオサン通りから少し離れたエリアにあり、観光客向けの店が並ぶ通りにあるゲストハウス

>>> 【1泊2500円~】カオサンロードに沿いにあり、オシャレな東洋風の格安デザインホテル

 

▶ ヤワラートのおすすめホテル

>>> 【1泊5000円~】ヤワラー通り沿いにあるオシャレなデザイナーズホテル

 

バンコクにおけるおすすめホテルの詳細な場所は下記Google Mapsを参考に。


バンコクのおすすめホテルマップ。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、おすすめホテル一覧も表示されます。

下記で紹介するホテルの場所は、このマップを別タブ・ウインドウ(もしくはアプリ)で開いておくと参照しやすいです。

 

おすすめホテルについてはカップルや家族、一人旅といった旅行者のタイプによっても違いが出てくる。したがって、どういった層におすすめなのかも含めて、スクンビット、シーロム、プラトゥーナム、カオサン、ヤワラートの順に下記で詳しく紹介していきたいと思う。

 

スクンビットのおすすめホテル

BTSアソーク駅とターミナル21
BTSアソーク駅とターミナル21

 

スクンビットはバンコクの中心地でナナから東へプロンポン、エカマイ周辺までのエリアを指している。

BTSアソーク駅やプロンポン駅といった駅前の開発が進んでいるエリアもあり、都会的な雰囲気も感じられる。また、ソイカウボーイやナナプラザといったバンコクの代表的な男性向け夜遊びスポットもこのエリアにある。

旅行ではショッピングの他、食事、各種バーやディスコにクラブもこのエリアだけで楽しめる。アソークにはBTSだけでなく、地下鉄(MRT)も通っており、タイならではの観光をしたい場合も広い範囲へアクセスが容易である。

ホテルも格安ホテルから5つ星の高級ホテルまで揃っており、幅広い層の日本人旅行者に人気の滞在エリアだ。

 

下記ではスクンビットにあるホテルでもおすすめのものだけを詳しく紹介していきたいと思う。

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)はBTSアソーク駅から徒歩5分、地下鉄スクンビット駅1番出口からは徒歩2分程度の位置にある。ソイカウボーイへも大きなアソーク通りを信号で渡り、徒歩数分で行ける。

上のGoogle Mapsでは緑色①の位置。

 

BTSアソーク駅から見たアソーク通り
BTSアソーク駅から見たアソーク通り。アソーク駅の高架歩道からホテルも目視できる。写真中央付近に「Xclusive」の赤い文字が見えるかと思う。

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)受付
ホテル受付。チェックイン時、デポジットとしてクレジットカードで請求か2000バーツが要求される。もちろん、何もなければクレジットカードの請求はキャンセルされ、現金はそのまま返ってくる。

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)客室

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)ベッド
ベッドと作業机

 

客室も新しくキレイである。一番料金の安いデラックス ダブルルームでも十分に広い。カップルはもちろん、家族でも宿泊できるだろう。この他、大人3人まで宿泊できる部屋が用意されている。

WiFiも速くて快適だった。

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)クローゼット
クローゼットにはセキュリティボックスの他、アイロンもある。スーツ着用のサラリーマンには嬉しいだろう。

 

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)洗面所とトイレ

フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)バスタブ
洗面所とトイレ。トイレ横にはシャワーとバスタブも付いている。バスタブではゆっくりとお湯に浸かって入浴タイムを楽しめるだろう。

 

ホテル内にはプールやトレーニングジムなど館内の設備も充実している。

何よりも良かったのはスタッフのホスピタリティである。みな目が合えば会釈をしてくれるし、女性を連れていても丁寧な対応をしてくれた。高級ホテルならともかく、バンコクの中級ホテルでここまでサービスの良いホテルは他に無いように思う。時期や条件によっては1泊4500円以下でも宿泊できる。

 

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(格安ホテル予約サイト)

>>> フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(Agodaリンク)

>>> フラマエクスクルーシブ アソーク ホテル バンコク(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。3人まで宿泊できるプランもある。夜遊びで女性を連れ込んだ際は受付できちんとIDチェックがなされる。

旅行中、そこまで高くない料金で良質なサービスを求めている一人旅から家族旅行、友人グループでの旅行まで、コスパ重視の人におすすめのホテルだ。

 

ダブルツリーバイヒルトン プルンチット(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)の正面入口

 

ダブルツリーバイヒルトン プルンチット(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)はナナプラザのあるスクンビットソイ4のすぐ隣、スクンビットソイ2沿いにある準高級(4つ星)の高層ホテルである。ナナプラザまでは徒歩5分程度の距離にある。上のGoogle Mapsでは緑色②の位置。

贅沢な気分を味わいたい、バンコクのキレイな夜景を楽しみたい人向けのホテルで、カップルでの旅行における滞在先として最適である。

 

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)の客室

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)の客室ベッド
グランデスーペリアツインルームのベッド。カップルで泊まるなら十分な広さである。

 

ダブルツリーバイヒルトンのウリは、やはり高層階にある客室からの景色だろう。窓が大きいため、景色にも迫力がある。

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)客室からの景色

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)客室からの景色
南側方面。地平線まで続く高速道路が見える。

 

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)客室からのサイアム方面の夜景
西側サイドはサイアムの高層ビルがそびえ立つ。

 

なるべく高層階に泊まりたかったり、景色について要望があるならチェックイン時に伝えるべきだ。部屋のプランと空いてる範囲で要望に答えてもらえる。

 

ホテル内にはレストランの他、ジムやプールも完備されている。

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)のトレーニングルーム
トレーニングルーム。器具も充実している。

 

このホテルの魅力は高層階の部屋で窓からの景色が良いこと、ホテル内設備が充実していること、そして、何と言ってもその立地だ。ナナプラザだけでなく、レストランやマッサージ屋などが並ぶスクンビットソイ4へも歩いてすぐ、BTSナナ駅も徒歩5分以内である。

しかも、このクラスにしては値段もそこまで高くはない。時期や条件によっては1泊8000円以下でも宿泊できる。若者の旅行者でも十分に泊まれる料金となっている。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ダブルツリーバイヒルトン プルンチット(格安ホテル予約サイト)

>>> ダブルツリーバイヒルトン プルンチット(Agodaリンク)

>>> ダブルツリーバイヒルトン プルンチット(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。3人部屋まで用意されている。夜遊びで女性を連れ込んだ際は深夜でもホテル入口でIDチェックなされた。その場合も追加料金は取られない。

せっかくの旅行なので贅沢がしたいという人も満足できるだろう。コストパフォーマンスにも優れたホテルでカップルはもちろん、家族や友人グループでの滞在先としてもおすすめである。

 

ダブルツリーバイヒルトン(DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit)客室で恋人と見る夜景
恋人と見る夜の景色は格別だろう

 

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)

 

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)はソイカウボーイから徒歩0分の場所で営業している。ソイカウボーイのアソーク通り側入り口のすぐ隣、セブンイレブンと同じ建物に入居している。上のGoogle Mapsでは緑色③の位置。

 

ソイカウボーイ入り口近くのW21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)
ソイカウボーイから右へ出て徒歩0分。セブンイレブンの入った茶色の建物に、W 21 バイ セリーン アソーク スイーツは入居している。

 

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)受付
建物に入ってすぐにある受付

 

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)客室

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)ベッド

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)デスク
部屋は決して新しくはない。ただ、部屋はきちんと掃除がなされており、それなりの広さもある。カップルなど2人までなら十分な広さだろう。

 

W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(W 21 by Serene Asoke Suites)洗面所
洗面所

 

ソイカウボーイに隣接するホテルであり、地下鉄スクンビット駅の入り口までも徒歩1分程度、BTSアソーク駅も近い。ソイカウボーイを遊び尽くしたい人だけでなく、バンコクにおける昼間の観光拠点としても非常に便利だろう。

 

好立地であるにも関わらず、時期や条件によっては1泊2500円以下でも宿泊できる。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> W21 バイ セリーン アソーク スイーツ(格安ホテル予約サイト)

>>> W21 バイ セリーンアソークスイーツ(Agodaリンク)

>>> W21 バイ セリーンアソークスイーツ(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。

チェックアウト時は部屋の確認も無く、キーを渡して待つこと無くすぐに終わった。ベッドのシミまでチェックして罰金を取るホテルも多い中、こうしたペナルティが無いホテルは利用しやすい。

ソイカウボーイを遊び尽くしたい男性だけでなく、中心地の格安ホテルに滞在したい旅行者におすすめである。

 

シーロムのおすすめホテル

地下鉄シーロム駅からBTSサラディーン駅へと続く高架歩道
地下鉄シーロム駅からBTSサラディーン駅へと続く高架歩道

 

シーロムとはバンコクのバーンラック区にある中心的な通り「シーロム通り」の周辺、特に、BTSサラデーン駅、地下鉄シーロム駅周辺エリアを指す。

 

バーンラック区は「ラマ4世通り」「サトーン通り」、西側がチャオプラヤ川で囲まれた行政区になる。シーロム一帯はバーンラックというエリアになる。しかし、バーンラックの名称よりも、シーロムという言葉が広く使われている。

バーンラック区にある主要な通りとBTS駅、地下鉄駅
シーロムエリアを囲む主要な通りとBTS駅、地下鉄駅(©OpenStreetMap contributorsより)

 

シーロムエリアではBTSサラディーン駅を中心に発展している。

BTSサラディーン駅の北側にはタニヤと呼ばれる日本人街、パッポンと呼ばれるゴーゴーバー街がある。

タニヤ通り
タイの地において、日本語の看板が並ぶタニヤ通り。夜になると、カラオケ店の女性キャストで通りが溢れる。

 

南側は駅と直結したショッピングモールがあり、日本食を含む日系レストランの他、様々なレストランが入居している。

ショッピングの他、レストラン、各種バーや夜遊びを楽しめるだろう。高層ビルの屋上で営業し、夜景が楽しめるスカイバーも南側エリアに多い。都会的な観光をするのに最適な場所である。

BTSサラディーン駅周辺エリアならBTSだけでなく地下鉄も利用できるため、市内観光時にも広い範囲へアクセスが容易である。

 

シーロムでは格安ホテルから5つ星の高級ホテルまで揃っており、幅広い旅行者を受け入れている。

下記ではシーロムエリアにあるホテルでもおすすめのものだけを詳しく紹介していきたいと思う。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)

 

ザ ラヤ スラウォン ホテル(The Raya Surawong Bangkok)はスラウォン通り沿いにある新築ホテルである。

タニヤ通りとボーイズタウン(ゲイ向けのバーが並ぶエリア)へは徒歩0分、パッポン通りへも徒歩数分で行ける好立地にある。タニヤ通りは道路を渡ってすぐ目の前にある。ボーイズタウンはタニヤ通りよりも近い。スラウォン通り沿いで道路を渡る必要もなく、数十m先にある。BTSサラディーン駅へもタニヤ通りを通って徒歩5分程度である。

上のGoogle Mapsでは黄色①の位置。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)入口
日本食料理店の横にホテル入口がある

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)受付
受付は5階にある。夜になると1階にセキュリティ(警備員)はいる。しかし、夜遊びで女性を連れてもその子のIDチェックはなかった。一度チェックインすれば、受付を通らずに客室へと向かえる。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)廊下
ホテル廊下。建物の内装も新しい。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)客室

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)ベッド

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)机
部屋もキレイで広々としており、快適に過ごせる。一番狭い部屋でも2人までなら十分な広さである。

無料WiFiも動画がスムーズに見れるぐらいの速度が出ていた。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)から見た景色
部屋の窓から見たスラウォン通りの景色。写真中央付近にパッポン通りの入口も見える。

 

ザ ラヤ スラウォン バンコク(The Raya Surawong Bangkok)洗面所とシャワールーム
洗面所と左がシャワールーム

 

立地的にかなり便利な位置にあり、シーロムエリアの繁華街に近く、BTS駅、地下鉄駅にも徒歩圏内である。ホテルとしては中級ホテルであり、時期や条件によっては1泊6000円以下でも宿泊できる。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ ラヤ スラウォン ホテル(格安ホテル予約サイト)

>>> ザ ラヤ スラウォン バンコク(Agodaリンク)

>>> ザ ラヤ スラウォン バンコク(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。3人まで宿泊できる部屋が用意されており、1人あたり3000円程度でも宿泊できる。サラディーン駅北側の繁華街を遊び尽くしたい旅行者におすすめのホテルである。

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)
ホテル正面入口

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)はサトーン通り沿いにある5つ星の人気高級ホテルである。地下鉄の最寄り駅はルンピニーで徒歩10分弱、BTSではサラディーン駅から徒歩15分程度の位置にある。上のGoogle Mapsでは黄色②の位置。

 

BTSや地下鉄からホテルへと徒歩で向かう場合、サトーン通りからはビルの中を抜けて少し歩かなければならない。徒歩でのアクセスには不便かと思う。

サトーン通りから見たバンヤンツリー バンコク
サトーン通りから見たバンヤンツリー バンコク

 

受付前ロビーまで、敷地内へとタクシーで入れる。

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)受付
ホテル受付。航空会社のパイロットも受付をしていた。キャビンアテンダントと違い、操縦士クラスになると飛行先の滞在ホテルは5つ星が普通かと思う。

 

ホテルの部屋はサトーン通りが通る「北側」と大きなマンションが並ぶ「南側」がある。最初はアップグレードを条件に南側の広めの部屋を提案されると思う。ただ、南側の部屋はほぼ全て、大きなマンションが目の前に広がる「つまらない」景色である。個人的には、アップグレードを断って、サトーン通り(北側)側の部屋を希望した方が良いかと思う。

日本人の多くは部屋の希望を出さない。しかし、値段相当のサービスを希望するなら、しっかりと主張すべきだ。

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)のウェルカムドリンク
ウェルカムドリンクはタイの花から抽出したジュース。ウェルカムドリンク以外にも、ホテルのコンシェルジュが部屋を用意するまでの時間ついていてくれる。高級ホテルはコンセルジュのサービスがウリでもあるので、この辺はさすがだと思う。

 

デラックスルームは寝室とリビングで部屋が2つに分かれている。

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)客室
部屋の入口からはいると、大きな窓とリビングルームが広がっている。ソファーにテーブル。大きな鏡の前にはお香がある。

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)サトーン通り北側の景色

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)サトーン通り北側の夜景
サトーン通り北側の景色。シーロム方面へと高層ビルが並ぶ。少々窓が汚いのは残念だが、北側なら景色にも満足できるはずだ。夜には街全体が輝きを放ち、大都会バンコクを感じさせる。

 

部屋にはミニバーもある。

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)ジュース、お菓子
冷蔵庫にあるジュースやレッドブル、お菓子は無料

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)ミニバー
ミニバー。全て有料のもの。

 

WiFiは日本のドコモがサービスが提供されているようで、スピードも速かった。

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)客室
寝室は隣の部屋にある

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)ベッド
ダブルベッド。寝室の隣には洗面所とバスルームもある

 

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)洗面所

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)バスルーム
洗面所とバスルーム。バスタブがあるのでゆっくりとお湯に浸かれる

 

建物全体に多少古さはある。ただ、このホテルの良さは部屋からの景色だったり、スタッフのサービスや屋上にある予約制のムーンバーだろう。特に、ムーンバーや高層階で営業するバーには宿泊していなくとも必ず訪れておきたいところである。

バンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)ムーンバー
屋上61階にあるムーンバー(moon bar)

 

ンヤン ツリー バンコク(Banyan Tree Bangkok)ラティチュード・ラウンジ&バー


52階にはラティチュード ラウンジ&バーがある。

 

バンヤンツリー バンコクへ泊まれば、余暇の気分に十分浸れる。館内で提供されるサービスについても兼ね兼ね満足だった。バンコクでの滞在予定のカップルだったり、夫婦だったり、友達グループ、お気に入りの人と思い出作りに泊まりたいと考えているなら、バンヤンツリー バンコクは候補の1つに入れるべきである。

 

時期や条件によっては1泊18000円以下でも宿泊できる。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> バンヤンツリー バンコク(格安ホテル予約サイト)

>>> バンヤンツリー バンコク(Agodaリンク)

>>> バンヤンツリー バンコク(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。大人6人までが滞在できるプランもある(ただし、6人部屋は予約が取りづらい)。夜遊びで女性を連れて受付横を通ってもIDチェックは求められなかった。

バンコクで贅沢な気分を味わいたいカップルはもちろん、家族での滞在にもおすすめのホテルである。

 

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)ホテル入口

 

パッポンを楽しむのに、値段的にも立地的にもおすすめなのがザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)である。ゴーゴーバーやバーが並ぶパッポン2通り沿いの建物の3階以上で営業している大型ホテルで、見たことのある人も多いだろう。まさにパッポンの中で営業しているホテルである。

ゴーゴーバー「ピンクパンサー」の近くにホテル受付へ向かうエレベーターがある。上のGoogle Mapsでは黄色③の位置。

 

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)受付
受付は3階にある。夜には1階にセキュリティ(警備員)がいる。しかし、夜遊びで女性を連れてもIDチェックは無かった。一度チェックインすれば、そのまま受付を通らずに部屋へと向かえる。

 

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)廊下
ホテル廊下。建物自体がパッポン2通り沿いに長く伸びている。

 

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)の部屋

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)ベッド

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)の部屋
ホテル客室。ラブホテルとして使われることが多く、置屋のようなイメージを持つ人もいるかもしれない。しかし、このホテルは窓もあって空気の入れ替えもでき、日が入るためカビ臭くない。空気もどんよりしていない。

部屋もそれなりに広いため、2人までなら十分な広さがある。

もちろん、無料WiFiもある。

 

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)から見たパッポン2通り

ザ パビリオン プレイス(The Pavilion Place)から見たパッポン2通り
客室の窓からの景色。パッポン2通りが見渡せる。

 

パッポンの中にあり、BTSサラデーン駅やタニヤ通りにも5分程度で行ける。にも関わらず、シーズン外であれば1泊2000円から3000円程度と非常にお得である。ラブホテルの休憩として使うのと同じぐらいの料金で宿泊できるため、宿泊した方がコストパフォーマンスは良いだろう。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ザパビリオンプレイス(格安ホテル予約サイト)

>>> ザパビリオンプレイス(Agodaリンク)

>>> ザパビリオンプレイス(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。チェックアウト時は鍵を渡すだけで、汚れ等のチェックもなかった。ベッドのシミまでチェックして罰金を取るホテルも多い中、待ち時間無くチェックアウトできるのも嬉しいだろう。

パッポンを遊び尽くしたい人、滞在費を抑えたい人におすすめのホテルである。

 

プラトゥーナムのおすすめホテル

サイアムスクエア(siam square)
サイアムスクエア

 

サイアムはショッピングやデートスポットとして人気のエリアである。ただ、サイアムに滞在したくとも、サイアムで営業しているホテルは数えるほどしかない。ホテルの選択肢も少ないため、滞在する場所としてはあまりおすすめできない。サイアムの北側にあるプラトゥーナムエリアの方が良いだろう。

 

プラトゥーナムはサイアムよりも昔ながらのバンコクが残っているエリアだ。古びた建物が多く、ローカルな雰囲気も漂っている。プラトゥーナム市場が有名なように、ファッション関係の小売店が多く営業している。

プラトゥーナム市場とプラチナムファッションモールのあるペッブリー通り
プラトゥーナム市場(左)とプラチナムファッションモール(右)

 

プラトゥーナム市場とタイのおしゃれファッションが買えるプラチナムファッションモール
プラトゥーナム市場のアジアン雑貨のお店プラトゥーナム市場(Pratunam Market)プラトゥーナム市場はバンコク・ラーチャプラーロップ通りに隣接する市場一帯を言う。主に洋服などのファッション雑貨のお店が連なっており、アジアン雑貨、ファ

ファッション関係の製品をここで仕入れ、日本で販売している人もいる。観光で来ている人だけでなく、仕入れといったビジネスで来ている人も多い。

 

下記では滞在場所としてサイアムよりもコスパの良いプラトゥーナムのおすすめホテルを紹介していく。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)

バイヨークスカイ タワーⅡ

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)はバンコクの高層ビル「バイヨーク タワーII」で営業している。22階から74階が客室になっており、いずれのプランでも高層階へ宿泊できる。

ホテルのすぐ南にはプラトゥーナム市場がある。エアポートレイルリンクのラチャプラロップ駅から徒歩数分。上のGoogle Mapsでは青色①の位置。

バイヨーク タワーIIはバンコク市内なら比較的遠くからでも見える。バンコク市民なら誰もが知っているタワーだ。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)受付ロビー
18階ロビー。ホテル受付もタワーの18階にある。このフロアではお土産やレストランが営業している。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)客室
シングル、カップル向けの部屋「スーペリア スタンダード ゾーン(Superior Standard Zone)」。40階にあるワンルームタイプの部屋。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)客室

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)ベッド

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)ソファ
低層階のスーペリア スタンダード ゾーン(Superior Standard Zone)の部屋。ソファーの置いてある空間など、細かく別れている。ワンルームタイプの部屋よりも広い。ベッドを追加すれば家族でも泊まれるだろう。

同じスーペリア スタンダード ゾーン(Superior Standard Zone)の部屋でも間取りは違っており、低層階の部屋の方が若干広かった。一番小さな部屋でも、2人までなら十分な広さである。

個人的には細かく別れているよりも広いワンルームの部屋の方が好きである。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)洗面所とシャワースペース
洗面所。入って左がシャワールーム。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)洗面所とバスタブ
洗面所とバスタブ。シャワールームと分かれてバスタブが設置されている。

洗面所は広さもデザインも部屋ごとの違いは無かった。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)サイアム景色
サイアム方面の景色。左のレインボーに着色されているビルはバイヨーク タワーIIよりも前に建てられた「バイヨーク タワーⅠ」。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)サイアム夜景
サイアム方面の夜景は高層階の部屋から見るとキレイである。

 

バイヨークスカイ ホテルは充実した館内設備でも満足できた。

プールやトレーニングルームといった基本設備に加え、ゴルフレンジ(打ちっぱなし練習場)や夜景を楽しめるスカイバー、展望デッキもある。

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)プール
プール

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)トレーニングルーム
トレーニングルーム

いずれも客室より低層の20階にある。

 

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)ゴルフレンジ
ゴルフレンジ。受付ロビーと同じ18階にある。

 

屋上の回転式展望デッキからは360度の夜景を楽しめる。展望デッキへはバイヨークスカイ ホテル宿泊者なら無料で行ける。

バイヨークスカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)サイアム方面夜景
バイヨーク タワーⅡから南方面、サイアム方面の夜景

 

バイヨークスカイ ホテルは高層ホテルの割に値段も安い。少ない出費で高層ホテルに滞在したい人におすすめのホテルである。時期や条件によっては1泊8000円以下でも宿泊できる。

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> バイヨークスカイ ホテル(Agodaリンク)

>>> バイヨークスカイ ホテル(Booking.comリンク)

カップルでの宿泊におすすめのホテルであり、ジョイナーフィーは無料、つまり1人分の料金で2人までの宿泊が可能である。ただし、ジョイナーフィー無料にするには下記のような条件がある。

・チェックイン時に宿泊者と一緒にいる
・チェックイン時に1人でも、追加で泊まる人の名前をチェックイン時に申告する
・18時より前の時間に入室する

誰を追加で宿泊するか決まっておらず、かつ18時以降に追加で泊める場合は基本的に1000バーツの追加料金が必要になる。

それでも、他の客に紛れて受付を通ると、何も言われず客室へ向かえることもあった。また、18時以降でも、チェックイン時に2人でいたことに書き換えてくれて1000バーツの支払いを免除してくれたスタッフもいた。夜遊びなどで後から女性を連れ込む場合、ジョイナーフィーの支払いについては運次第の部分もあるといえるだろう。

 

ショッピング目的でプラトゥーナムへ滞在したい人だけでなく、雰囲気の良いホテルなので、純粋な観光目的で滞在してもよいだろう。

シングルからカップル、夫婦、家族からグループの幅広い層におすすめのホテルである。

 

カオサンのおすすめのホテル

カオサン通り
夜のカオサン通り

 

カオサン通り(カオサンロード)はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。格安ホテルも多く、通りに並ぶ様々なお店でショッピングをしたり、レストランやカフェでのんびりと過ごしたり、マッサージを受けるといった選択肢がある。夜にはカオサン通り全体がディスコ状態となり、お酒を飲みながら楽しんでいる人が多くなる。

 

夜のカオサン通りで踊る人たち
カオサン通りは夜になるとバーから通りまで人が溢れている

 

カオサン通りへと訪れる前に知っておくべき「楽しみ方」「過ごし方」
カオサン通りはバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。そう呼ばれる所以は旅行代理店が多く、東南アジア移動の拠点として使われる事が多かったからである。また、旅行者同士で情報交換をしたり、出会いの場としても機能していた。しかし、今

カオサン通りにはバックパッカーの聖地として雰囲気を楽しみたいだけの人も多い。1部屋に複数人が泊まるドミトリ-なら、同じような境遇の人との交流も楽しめるだろう。

 

下記ではカオサンエリアにあるゲストハウスとカップル向けにおすすめのホテルを紹介していきたいと思う。

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)

カオサンのゲストハウス「バーン チャナソンクラーム」

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)は細い路地にレストランやマッサージ屋、タトゥーショップが並ぶチャナソンクラーム通り(Chanasongkram Alley)で営業するゲストハウスである。上のGoogle Mapsではオレンジ色①の位置。

このゲストハウス周辺にあるソイ ランブットリー(Soi Ram Buttri)も露店、レストラン、ゲストハウスなど観光客向けの店が数多く並び、にぎやかである。

 

チャオプラヤ川のチャオプラヤー エクスプレス ボート乗り場にも比較的近く、バンコク市内へも安く移動できる。

カオサンのチャナソンクラーム通り
小さなショップがひしめき合って並ぶチャナソンクラーム通り

 

カオサンのソイ ランブットリー
ソイ ランブットリー。チャナソンクラーム通りを出ると、このソイ ランブットリーに繋がっている。

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)入口
バーン チャナソンクラーム入口

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)受付
バーン チャナソンクラーム受付。チェックアウトは12時。13時から16時までのレイトチェックアウト(遅い時間のチェックアウト)にも対応している。16時以降のチェックアウトは1泊分の料金がかかる。

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)の共用スペース
ゲストハウスの共用スペース

 

バーン チャナソンクラームはドミトリールームだけでなくシングルルームもある。

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)のシングルルーム
シングルルームの部屋

 

バーン チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)客室トイレ、シャワー
トイレ、シャワールーム

 

ドミトリーは1泊700円程度~泊まれる。ドミトリーへ宿泊する場合は宿泊人数を「1人」にして検索をしよう。

シングルルームを含むゲストハウスの具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> バーン チャナソンクラーム(格安ホテル予約サイト)

>>> バーン チャナソンクラーム(Agodaリンク)

カオサンは観光スポットにもなっており、一人旅、カップルだけでなく家族連れも多い。また、旅行者は若者だけでなく、欧米人は40、50代でも騒いでいる。こうしたノリが好きな中高年にもおすすめの滞在先だ。

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)はカオサン通りで営業している大型ホテル。チャクラポーン通り(Chakrabongse Road)側のカオサン通り入口から入ってすぐの場所にある。上のGoogle Mapsではオレンジ色②の位置。

 

カオサン通り
カオサン通り。左側の黄色の建物がダン ダゥーム ホテル。

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)受付
ホテル受付。チェックイン時に、デポジットとして500バーツが要求される。

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)ベッドルーム

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)洗面所
ベッドルームと洗面所。部屋はオシャレな東洋風のデザイン。部屋は2人でも十分な広さがある。

WiFiも無料で、それなりに安定している。

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)シャワースペース
シャワースペーズ

 

屋上にはバーカウンターやプールもある。

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)屋上プール
屋上プール

 

ダン ダゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)から見たカオサン通り
屋上からはカオサン通りを眺められる。

 

通常のプランでは朝食もついており、設備や立地、オシャレな部屋についても悪くない。にもかかわらず、時期や条件によっては1泊3000円以下でも宿泊できる。節約旅行者でも泊まれるコスパの良いホテルだ。

ただし、シーツやタオルの汚れに罰金を課しており、基準も厳しい。こうしたホテル備品の汚れには気をつけた方が良いだろう。

 

具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ダン ダゥーム ホテル(格安ホテル予約サイト)

>>> ダン ダゥーム ホテル(Agodaリンク)

>>> ダン ダゥーム ホテル(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。

カオサンの中心部に滞在したいカップル、グループだけでなく、一人旅でもおすすめのホテルだ。

 

ヤワラートのおすすめホテル

ヤワラー通り
ヤワラー通り

 

ヤワラートはバンコクにおける「チャイナタウン(中華街)」である。

このエリアは食事や買い物、観光など、様々な楽しみ方がある。特に、中華料理を楽しむのがおすすめで、ツバメの巣やフカヒレなどの高級食材を日本より安く食べれる。

ヤワラートのフカヒレスープ
フカヒレスープ

 

ヤワラートの燕の巣
500バーツの燕の巣。ゼラチン質が殆どで、濃厚なゼリーのような味である。

 

観光地として中国人や中国系の外国人も多く訪れる。漢字も多く、タイ・バンコクとは思えないような雰囲気も楽しめる。

ヤワラートというバンコク中華街における観光をまとめて紹介したいと思う
ヤワラートはタイ・バンコクにおける中華街、チャイナタウンである。このエリアはファランポーン駅から西へ、ヤワラー通りを中心にチャオプラヤー川沿いに王宮周辺にまで広がっている。施設も古くどこか怪しい雰囲気が漂っているが、雰囲気が気に入り一度訪れ

 

下記ではヤワラートにあるおすすめのホテルを紹介していきたいと思う。

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)ヤワラー通り

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)はヤワラー通り沿いで営業する準高級ホテルである。ホテル周辺は中華料理店や市場も多く、ヤワラートを中心に観光したい人にとっては最適な立地である。上のGoogle Mapsではピンク色①の位置。

オシャレな内装でカップルやグループ、家族におすすめのホテルである。

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)ホテル入口
ホテル入口

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)カフェ
ホテル入口横にあるオシャレなカフェ

 

このホテルのウリはモダン中華で統一されたデザインである。

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)絵画

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)デザイン
ホテル1階フロア

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)デザイン

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)池
館内の吹き抜けに吊るされている提灯。1階中央は池になっている。

館内には撮影ポイントで溢れており、館内を歩くだけでも楽しくなるだろう。

 

客室も中華風インテリアである。

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)客室
ホテル客室。ディテールでチープさはあるものの、統一されたオシャレなデザインになっている。

 

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)洗面所とシャワールーム
洗面所とシャワールーム

 

ちなみに、このホテルのおっちゃんコンシェルジュ(スタッフ)は部屋の案内から近くの美味しいレストランまでいろいろと教えてもらえた。一流ホテル並みにレベルの高いコンシェルジュかと思う。聞く度に渡す必要はないが、気持ちのチップ(20バーツ程度~)も忘れずに。

 

時期や条件によっては1泊6000円以下でも宿泊できる。具体的な料金は下記リンク先でチェックインとチェックアウトの日付を入れるだけで確認できる。宿泊料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> シャンハイ マンション バンコク(格安ホテル予約サイト)

>>> シャンハイ マンション バンコク(Agodaリンク)

>>> シャンハイ マンション バンコク(Booking.comリンク)

宿泊者が2人でも1人分の料金で予約できる。

カップルや家族、友人グループ向けのデザインホテルで、ヤワラートという街の中心部へ滞在したい人に最適なホテルだ。

 

バンコクのホテルを予約する前に知っておくべきこと

サラディーン交差点にかかる日タイ友好の橋
サラディーン交差点にかかる日タイ友好の橋

 

日本のホテルでは安くとも、それなりのサービスが提供されている。しかし、バンコクに限らず、タイのホテルは「最低」部分のクオリティが保証されていない。安すぎると、まず清掃がきちんと行き届いていない。さらにはベッドにカビが生えていたり、室内にアリが大量にいたり、シャワーでお湯が出なかったり、滞在でストレスを感じる人もいるはずだ。つまり、安ければ安いほど良いというわけではない。基本的に安いホテルではトラブルも発生しやすく、上手くコミュニケーションを取れない人は損失を抱えやすい傾向にある。実際に泊まった人でないと、安くてクオリティの高いホテルかどうかはわからない。

 

この記事で紹介しているホテルはすべて著者が泊まって調べたコスパの良い、つまり、値段に対してのサービスレベルが高いホテルになっている。生活するにも悪くない立地にあり、コスパの点では満足できるはずだ。

ただ、より最適化を進めたい人はそれぞれのホテルへ実際に滞在しなければならない。個々人に合った最高にコスパの良いホテルというのは、やはり実際に滞在しないと正確に測れないからだ。

バンコク旅行も何回かリピートしていくうちに、その人にあった最適化ができる。繰り返しリピートすることでコストパフォーマンス、満足度も上がっていくだろう。

 

バンコクのホテルでもバックパッカーや節約旅行者、長期滞在者向け格安ホテルを中心に知りたい人は下記記事を参考に。

バンコクの格安ホテルに宿泊したい人が知っておくべきこと
バンコクは周辺国と比べても、格安ホテルと言われるような安宿が多い。バックパッカーにも人気のある格安ホテル街もいくつか存在している。ただホテルを選ぶ際には、安さだけでなく、行動する際の効率性も考えなければならないだろう。また、サービスや施設が

 

バンコクにある「ドンムアン空港」と「スワンナプーム国際空港」から、バンコク市内のホテルまでのアクセス手段を知りたい人は下記記事を参考に。

バンコク市内からドンムアン空港へのアクセス手段を詳しく紹介します
バンコク市内からドンムアン空港(Don Mueang Airport)へ向かう方法としては1.タクシー2.エアポートバスがおすすめである。タクシーは乗車する場所によるものの、ドンムアン空港まで400バーツ程度、日本円で片道1400円程度にな
スワンナプーム空港からバンコク市内へのおすすめ移動方法としてタクシー、電車を中心に紹介します
スワンナプーム国際空港からバンコク市内の中心部までは20km程度の距離がある。スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ出る方法として多くの旅行者は 1.タクシー 2.エアポートレールリンク のどちらかを利用している。この2つが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました